MENU

20代は必見!職場で輝く優秀な人の特徴と優秀な人ほど会社を辞めてしまう原因を実体験から説明

優秀な人とはどんな人のことを言うのでしょうか?

学生とは違い、勉強のように答えが一つではないのが社会です。20代の方は初めて入った会社で戸惑いを抱いていませんか?どの人を慕えばよいか悩んでいませんか?

この記事を読むことであなたがついていくべき人が分かります。誰もが一度は思ったことがある「この人、本当にスゴイ」と思われる人に近づく方法が見出せます。

ヤモリン

以外に身近な人かも・・・

今までの経験の中から、今回は私が「この人凄いな」と思った行動と職場の優秀な人が会社を辞めてしまう原因を説明します。

きっとあなたの身近にもいると思いますし、職場で輝いている人の魅力に気が付けば誰もが近づける部分はあるのです。

優秀な人との時間は限りある時間なので、一緒に過ごせるときに多くの学びを得るようにしましょう。辞めてしまう前に少しでも仕事の進め方を学ぶと今後が大きく変わりますよ。

・今すぐに仕事の環境を変えたい方は転職エージェントの記事を読んでプロのエージェントに相談してみてください。

・今働いている会社を辞めて今後を見つめたい方は退職代行サービスの記事から退職のプロに相談してみましょう。

この記事はこんな人におすすめです
  • 職場で輝く人になりたいと思う人

  • どんな行動が目に留まるのか興味がある人

  • 自分が輝く人か当てはめてみたい人

最後までお付き合いお願いします。

目次

20代は必見!職場で輝く優秀な人の代表的な特徴10選

今勤めている会社の中で自分自身の周りを見渡したときに、「この人凄いな」や「この人には勝てない」と感じる優秀な人はいますか?

20代の新卒者の方は、初めての社会人経験で言われたことをこなすのに精いっぱいかもしれません。たくさんの人付き合いに疲れている人もいるでしょう。

そして、会社内の理不尽な点で悩んでいるだけで、身近にいる優秀な人に気付いていないケースもあります。そっと周りを見渡して優秀な人がいるか確認してみましょう。

ヤモリン

優秀な人は社内にいない場合もあるよ

ここでは私が実際に体験して感じた職場で輝く優秀な人の例を紹介します。

①好奇心旺盛で常にアンテナを張っている

②口より手を動かして何に対してもチャレンジする

③自分自身にプレッシャーをかける

④ミスをミスと認めることができる

⑤結果が全てであると考えている

⑥集中力が高い

⑦起こった出来事に対して柔軟な対応をしている

⑧組織全体の進捗を常に見ている

⑨自分の能力を正しく理解し、仲間の力を上手に借りる

⑩素直にありがとうと言える謙虚さがある

上記の10選に当てはまる人材が身近にいれば、今すぐにお近づきになりましょう。あなた自身も模倣すると優秀な人になれます。

仕事だけでなく、人生でお近づきになった方が良い人の特徴はこちらの記事が参考になります。

項目ごとに詳しく説明してきます。

好奇心旺盛で常にアンテナを張っている

自分には未知の領域の話であっても関心をもって話を聞くからこそ博識なのだと思いました

通常は興味ない話は流して話題が切り替わる時を待っていたりすると思います。

ヤモリン

分からない話に興味なしの人がほとんど

そうではなく、知らないからこそ新しい知識が身に付くと感じるのだと思います。そして記憶力が良いので、そのことを直ぐに覚えてしまうのです。

まじめな顔をしたまま、アニメの話などをされると笑いそうになってしまいますが、最初は興味もなかった筈なのに、「凄いな」と感じてしまいます。

口より手を動かして何に対してもチャレンジする

これは簡単です。愚痴や文句を言ったり、不平不満を訴えたりする人は凡人でしょう。

デキる人は何も言わずに手を動かして、目の前の問題に取り組みます

目の前の問題を解決することが、出来ないことを減らしていくということを知っているのです。これは仕事以外でも持ち味として出ますね。

ヤモリン

自分自身の当たり前になるよ

例えば、35歳を越えてから新しいスポーツを始めたり、資格所得に取り組んだり、語学勉強をしたりすることもそうです。

チャレンジと努力こそが、自分を成長させることを知っています。だからこそ、続けることの大切さも分かっています。

小さいことですが、私自身も40歳になってからPCスキルをきちんと資格として所得しました。こちらの記事を参考にしてみてください。

自分自身にプレッシャーをかける

自分で自分の限界を決めていないということです

これは自分で「自分がここまでだ」と諦めると、その先の人生がつまらなくなりそうということを知っているのでしょう。

そして、そんなことを言われると周りも刺激を感じるので相乗効果も出ます。

ヤモリン

あの人がやってるからと思ったことない?

自分で自分にプレッシャーをかけてハードルを乗り越えていくのです。

周囲から見ると、少し生き急いでいるように感じることもあるでしょう。

それでも、そのペースが自分に合っていることも知っていますから凄いですね。

ミスをミスと認めることができる

私みたいな凡人はミスを知られることが恥ずかしいと感じてしまいます。

ミスを知られることが恥ずかしいと感じるのは、自分に対しての自分の評価が高すぎることが原因です。

他の人からも評価が高いと思い込み、評価を裏切りたくないと思ってしまうのでしょう。

ヤモリン

どう評価されているかは分からないんだよ

その思い込みが申し訳なさを生むので、恥ずかしいと思ってしまうのです。

自分で自分を過剰に評価しているなんて考えることが無いと思いますが、当てはまる人は結構多いと思います。

デキる人は、自分のミスを素直に報告し、それをフォローしてくれた人のことも上司に報告するのです

自分のミスを報告してフォローしてくれた人のことも一緒に報告しているのを見たときは、この人は本当に優秀だと感じました。

結果が全てであると考えている

ビジネスでは、結果が全てです。

結果に結びつく過程はありますが、結果がでなければ結果に結びつかない過程だったということになります。

優秀な人ほど、目標を明確に意識して、求めている結果にたどり着く方法を考えています。

仕事は結果が全てだと強いプロ意識を持ち、努力を惜しまない人こそが優秀な人であると言えるのです。

集中力が高い

集中力が高いのも優秀な人の特徴です。

集中力が落ちると作業効率も悪くなり、仕事がなかなか捗りません。

優秀な人は、集中力を維持するためのコツを知っています。

集中力を高めるポイントは下記のとうりです。

・1日のタスク管理を習慣にする
・周囲の騒音をカットする
・適度な休憩を意識的に取り入れる
・1日1日の目標をもつ

一気に集中してできる時間は短いので、こまめな休憩は重要です。人の集中力が続く時間は長くて15分程度と言われています。

意識的に工夫すれば、誰でも集中力を高めることは可能です。

起こった出来事に対して柔軟な対応をしている

仕事をしていれば、想定外のトラブルが起きてしまうことも少なからずありますよね。

トラブルが起きたときこそ、人の本性が表れるものです。

優秀な人はどんな状況の中でも柔軟な思考を持ち、さまざまな視点から物事を考えます。

だからこそ、どんな時も出来事に対して落ち着いて柔軟な対応できるのです。

組織全体の進捗を常に見ている

優秀な人は、自分だけでなく組織全体の進捗を常に重視して行動します。

仕事はチーム全体で達成してこそ、良い成果が出せるものです。

優秀な人は、一人でも進捗が遅れていれば、チーム全体でサポートするように指示を出すことができます。

優秀な人ほど、チームで協力する大切さを理解して行動しているのです。

自分の能力を正しく理解し、仲間の力を上手に借りる

優秀な人は、自分の能力を正しく理解しているため、仲間の力を上手に借ります。

自分では苦手な分野も得意な人がいるので、補ってもらうことでスムーズに仕事を進めていくのです。

仕事はチームで協力しておこなうものであり、一人ひとりに役割があります。

自分一人で仕事を抱えることなく、チームで協力するからこそ、効率良く成果を上げていけるのです。

素直にありがとうと言える謙虚さがある

仕事ができる人ほど物腰が低く、仕事ができない人ほど態度が悪いと思いませんか。

優秀な人ほど、「仕事は一人で成り立たない」ということを理解しています。だからこそ、周りの人への感謝の気持ちを忘れず謙虚に行動しているのです。

上司が大柄な態度をしているだけだと尊敬は出来ないでしょう。特に嫌われる上司の特徴はこちらの記事が参考になります。

優秀なエース社員が辞めてしまう会社の共通点

優秀な人に能力を発揮してもらうためには環境が重要ですが、優秀な人が十分に能力を発揮できず、新たに育てることがむずかしい職場も存在します。

「優秀なエース社員から辞めていく」ような会社には、以下のような特徴があります。

・適正な評価がされていない
・優秀なエース社員に仕事が集中している
・社員同士のコミュニケーションが取れていない
・自身が成長するチャンスがない
・提案や意見を聞いてくれる環境がない

上記の項目を順番に説明します。今の職場に当てはまっていないかチェックしてみてください。

適正な評価がされていない

結果が評価に繋がらないような会社だと、優秀な社員のモチベーションを下げてしまいます。

評価結果が十分にフィードバックされない評価制度では、優秀な人ほど何を基準にどんな目標を掲げて仕事に取り組めば良いかわかりません。

上司が主観で部下を評価するような、人の気分や好き嫌いで評価が変わってしまうような評価制度も優秀な人のモチベーションを大きく下げてしまいます。嫌われる上司の特徴はこちらの記事が参考になります。

自身の行っている努力が「正当に評価されていない」と感じ、優秀な社員ほどやる気を失い、もっと正当に評価される会社に行きたいと考えるのは自然なことといえるでしょう。

優秀なエース社員に仕事が集中している

仕事ができる優秀な人材は、仕事のクオリティが高いことに加えて、作業スピードも速く、同じ時間でも優秀ではない社員より多くの仕事をこなせます。

しかし出来るからと言って優秀な社員にばかり仕事が集中し、組織内の仕事配分のバランスが崩れてしまっている状況では優秀な人のモチベーションは下がっていきます。

優秀ではない社員は仕事量が少なく時間的にも余裕があるので退社できる時間が早くなり、逆に優秀な人材は残業が増えるという悪循環に陥ってしまう可能性が高いのです。

社員同士のコミュニケーションが取れていない

共に仕事をする組織の中でも、仕事のことしか会話をせず、日常的なコミュニケーションを行っていない職場からは、優秀な人がいなくなりやすい傾向があります。

優秀な人は、ゴール(結果)を見据えて行動するので、その過程で他者に協力を仰ぐことにためらいません。学習意欲が高く、上司だけでなく同僚や部下からも積極的に学びを得ようとするのです。

コミュニケーションが安易に取れる環境ではなく、自分の評価に直結する仕事の進捗や成果だけに興味・関心を持つ上司や同僚ばかりの職場だと、優秀な人は今より良い環境を求めていこうとするでしょう。

自身が成長するチャンスがない

優秀な人は、楽な環境で仕事をしていると成長できないと感じ、楽な環境の会社から転職することがあります。自身の能力やスキル向上にいつも意欲的で、自らの成長にこだわり続ける傾向があるためです。

厳格な管理態勢で能力向上に結びつかない仕事ばかりさせている職場や、研修などの能力開発の機会を積極的に提供していない職場では、優秀な人は自らの成長を実感できないと感じます。

新しいことに挑戦できなかったり副業が禁止されていたりと、成長の機会を制約する職場からも優秀な人はいなくなるでしょう。

提案や意見を聞いてくれる環境がない

優秀な社員は常に前向きかつ積極的で、同じ仕事でも常にやり方を改善し、変化を求める意見を発します。

変えていくこと、変わってっていくことが重要で変わらないことが退化であると優秀な人は分かっているのです。

・変化を求める⇒時代と共に進化したい発想

・同じ仕事をする⇒時代から取り残され退化

しかし改善の意見を聞こうとしない、もしくは聞き入れないような、優秀な社員のことを気にかけない上司がいる職場やチームでは、優秀な人材はやる気を失い会社を去ってしまうでしょう。

頭の良い人と優秀な人は違う!その違いを解説

頭の良い人と優秀な人は根本的に違います。頭が良いからといって、必ず職場で輝いているわけではありません。

あなたの人生を無駄にしてしまう、付き合ってはいけない人はこちらの記事で必ず確認してください。

頭が良い人と優秀な人の違いを詳しく解説していきます。

「優秀」の意味とは

「優秀」という言葉は辞書の意味としては、「他のものより一段とまさっていること」、「非常に優れていること」です。

優秀とはひとつのものに対する絶対的な評価ではなく、「他のもの」と比較された上での相対評価によって決まります。

ある集団の中で比較して優れているということなので、属する場所が変われば評価も変わってくる可能性も充分にあり得るでしょう。

優秀な人と頭のいい人のPDCAの回し方

優秀な人とは、勉強ができるいわゆる「頭の良い人」と意味が異なります。その違いは何でしょうか。

仕事を進めるうえで、優秀な人と頭の良い人の差が表れるポイントの1つに「PDCAの回し方」があります。

PDCAとは

PDCA とは次のことを言います。

①P・・・Plan(計画)
②D・・・Do(実行)
③C・・・Check(評価)
④A・・・Action(改善)

これを繰り返すことで行動を常に改善していくという考え方です。

頭のいい人のPDCAの特徴

頭のいい人がPDCAを行うとき、多くの知識や学習により事前準備を入念に行うことを重要視します。

解決すべき課題を分析、目的に対する実現方法をシミュレーションするなど計画の段階で多くの時間を使います。失敗するリスクを最小に抑えてから実行に移すのです。

ヤモリン

いろんなことを考えちゃうんだよ

しかし事前の学習や計画、予測に時間を掛けた分、行動の後の評価や改善に時間を費やすことが難しくなります。

PDCAサイクルのうち、C(チェック)とA(アクション)に割く時間が少ないため、行動の質が改善されないまま時間に追われたり、改善が進まないと言ったことが起きてしまいがちです。

優秀な人のPDCAの特徴

優秀な人は、結果を出すためには行動することが何より重要であると把握しているので、PDCAの中でも計画よりも実行、評価、改善を重要視しています。

ヤモリン

トライアンドエラーで改善するんだよ

計画を軽視するわけではありませんが、各過程に優先順位をつけ、各サイクルに最適な時間配分を行い、効率的に仕事を回すことを徹底しているのです。その結果、どんな条件下でも、与えられた時間の中で改善を繰り返していき、質の高いパフォーマンスを発揮することに繋がっています。

頭の良い人と優秀な人の間には、行動や仕事のやり方に違いが生まれ、結果に結びつくかどうかという重要な差があるのです。

優秀な人とそうでない人との違いを解説

会社で輝く優秀な人とそうでない人の違いはどこにあるのでしょうか。

ここでは、優秀な人とそうでない人の違いを5つの項目ごとに説明します。

・チャレンジ精神が常にあるか
・ミスを自己責任として、きちんと捉えられるか
・常にスキルアップを目指しているか
・人をうまく使えているか
・計画が明確になっているか

上記の5つの特徴を項目ごとに説明していきます。

チャレンジ精神が常にあるか

チャレンジ精神が優秀な人と、そうでない人では圧倒的に違います。

優秀な人
・出来ないこともやってみる
・上手くいかなかったことに「気づき」を見出せる
・世の中の変化に合わせる
・進化を止めない

優秀ではない人
・今いる場所にすがる
・居心地を重視する
・現状を変えたがらない

新しい技術は毎年開発されているし、あなたのいる会社も毎年業績を上げるために努力しているはずです。

自分だけがいつまでも現状維持のままでは、いつの間にか退化していてもおかしくありませんよね。

ミスを自己責任として、きちんと捉えられるか

ミスが分かったときの優秀な人とそうでない人の対応を説明します。

優秀な人
・ミスが分かると現状を把握する
・自分に出来ることを考える
・解決と再発防止に努める

優秀ではない人
・ミスを誰かに擦り付ける
・誰が悪いかを重要視して怒る
・個人の問題とし、自身を肯定する

ここで大切なのは、誰が悪いかではなく「どうすれば問題が解決するか」ということです。

仕事の本質的を考えられるかどうかが、優秀な人とそうではない人との異なるポイントです。

常にスキルアップを目指しているか

優秀な人は常に新しい情報を探っているものです。

優秀な人
・空いている時間で学べることを探る
・習得したいスキルが沢山ある
・仕事にもプライベートにも役立つスキルの習得に時間を注ぐ

優秀ではない人
・時間がないという言葉を発する
・人を羨ましがる
・何もしない時間を幸せと感じる

どんな人にも、時間は平等に与えられています。

自分に言い訳をせず、スキルアップに向けた努力を続けられるのが優秀な人です。

人を上手く使えているか

優秀な人が人を上手く使っているのは、時間に限りがあると知っているからこそです。

優秀な人
・時間効率を考える
・人に任せられる仕事は任せて、自分はより高度な仕事に取り組む
・チームで役割分担をしてこそ、より良い成果を生み出す

優秀ではない人
・仕事を自分一人でおこなおうとする
・仕事が無駄に時間がかかってしまい非効率
・自分が特別であることを見せようとする

優秀な人ほど人をうまく使いチーム全体の成果を上げるように努めることができます。

計画が明確になっているか

計画を見れば優秀な人か優秀ではない人かはすぐに分かります。

優秀な人
・ゴールが決まっている
・時間軸で計画してある
・仕事の割り振りが決まっている
・不測の事態が起こることは想定されている

優秀ではない人
・仕事の計画があいまい
・予想外の事が起こるとアタフタする
・効率が悪い計画になっている
・計画に遅れが生じる

優秀な人は不測の事態に備えた代替案も常に準備していることで、どんな状況下でも落ち着いて対応できるのです。

優秀でない人はコミュニケーションという名の「おしゃべり」ばかりをしがちです。おしゃべりばかりする人の特徴はこちらの記事が参考になります。

あなたも優秀な会社のエース社員になれる

ここでは優秀なエース社人に、あなたがなるための具体的な5つの秘訣についてご紹介していきます。

今より1歩踏み出したい方や、向上心のある20代の方は必見です。

①その日のスケジュールを立てる

②効率化を常に考える

③ミスをしたら同じミスが起こらない対策をする

④自分を成長させることに時間をつかう

⑤自分より優秀な人から学ぶ

上記を項目ごとに説明していきます。

①その日のスケジュールを立てる

1日1日のスケジュールを立ててみましょう。

スケジュールが明確であれば、次の行動を考えることなく仕事を進められます。優秀な人は少しの時間も無駄にしません。

スケジュール作成を習慣にすることで、仕事に追われることから解放され仕事を追う側になれるのです。

②効率化を常に考える

仕事において効率化を1番に考えることは非常に大切です。仕事の効率化を考えることで、無駄な時間を省け余った時間を有益に使えます。

仕事を効率化させるために、まずは優先順位を考慮した計画を立てましょう。日々の業務を淡々とこなすだけでなく、効率化しつつ自分の仕事の質を高められる意識を持つことが大切です。

③ミスをしたら同じミスが起こらない対策をする

ミスは誰にでもあります。どんなに優秀な人でも、ミスをしたことがない人はいないのです。

ただしミスをしたまま、注意されたままの状態では成長できません。同じ失敗を繰り返さないためにも、対策をしっかりとおこないましょう。

ミスの再発防止に取り組むことは失敗の本質的な原因を理解するのと同じことなのです。

④自分を成長させることに時間をつかう

優秀な人は現状に満足することなく、常にスキルアップに努めます。

休みの日や仕事終わりなど、空いた時間は積極的に自分を成長させることに時間を使っているのです。

資格や語学の勉強、もしくは体力維持のためジムに通うなど、今より自分自身が成長できる環境を常に探して試してを繰り返しています。

⑤自分より優秀な人から学ぶ

なるべく優秀な人と過ごす時間を増やし、相手の仕事への姿勢や考えに近くで触れてみましょう。

みなさんは日本語を勉強して覚えましたか?優秀な人と同じ時間を過ごすことは学んでいることと等しいのです。

そして、自然と習慣や考え方など、同じように行わなければいけないと感じるようになります。

優秀な人が実践している仕事術3選

優秀な人は仕事の進め方も共通点があります。優秀な人が共通して実践している仕事術を学ぶことで、あなたも1歩づつ優秀な人に近づけるのです。

優秀な人の仕事の進め方の中からすぐに真似できる方を紹介します。

・必ず遂行するべきタスクを見極める
・余裕のあるスケジュールを立てる
・ものごとを数値化すること

上記が優秀な人が実践している仕事術です。項目ごとに詳しく説明していきます。

必ず遂行するべきタスクを見極める

全てのタスクに全力で当たるのではなく、集中しで必ず行わなければならない仕事を見極め、必ず行わなければいけない仕事に全力で力を注ぎましょう。

明確な納期がある仕事、社外に向けた仕事、クリエイティブな仕事などは、基本的に細部まで完璧に行う必要があります。

一方で単調なタスクや社内の資料作成は、タスクの作業方法を見直し、いかに効率よく力と時間を割かずに行うかを考えてみると良いでしょう。重要なのは、無理なく仕事を効率化することです。

余裕のあるスケジュールを立てる

効率よく仕事をこなすにはスケジュール調整が必須です。その際、必ず“余白時間”をつくることを意識しましょう。

組み込めなかった仕事はキャパオーバーな可能性が高いので、業務量を調整した方がいいかもしれません。

パンパンにスケジュールを埋めてしまうと、何か1つ遅れたときに時間の調整ができなくなります。もし計画通りに終わったのであれば、タスクの整理や片付けものをして次の業務の準備をしたり、休息時間やプライベートの時間に充てられます。

ものごとを数値化すること

仕事の成果を分析するためには、目標や達成率などは全て具体的に数値化して落とし込む必要があります。

資料作成の際、文章などでまとめると少なからずその人の主観が入ってくることがあるでしょう。しかし、数字は事実であり誰が見ても分かりやすく、チームでも簡単に共有できます。数値やデータの要点をまとめて簡単でひと目で分かる表やグラフにして、ものごとを可視化させると具体的になるのです。

目標通りの成果をえるために、あとどのくらいの改善が必要かが可視化される事で、次に取るべき行動も見えてきます。

優秀な人が集まる会社の特徴

ここでは優秀なエース社員が集まる会社の特徴について紹介していきます。

基本的には優秀な人の能力を活かす特徴がある会社です。

・物事の決定権を与えられている
・豊富なキャリアプランがある
・会社が目指す理念に共感できる

上記の3点は優秀な人が求めていることであり、会社側としても優秀な人の能力を発揮してもらう起爆剤になるのです。

物事の決定権を与えられている

ものごとの決定権が与えられていると、自分で決められることが多くなります。

ものごとの決定権があるため、やりたいことが明確である優秀な人にとっては成果の出しやすい環境です。いろんな角度から問題点にチャレンジしたり、アプローチの仕方を変えてみたりと、仕事への取り組み方も多様になるのです。

優秀な人は、ものごとの決定権を与えられる会社でこそ本来の実力を発揮できると言えるでしょう。

豊富なキャリアプランがある

豊富なキャリアプランがあるということは、将来の可能性も豊富ということです。

さまざまなことに好奇心を持ち、チャレンジ精神も旺盛な優秀な人にとってキャリアプランが豊富な会社はとても魅力的な環境なのです。仕事をしていく上で先の方向性を迷ったときに、社内で選択肢が豊富なら社内の部署移動などで解決します。

夢や理想を多用に叶えられるような会社であれば、自然と優秀な人のモチベーションも上がるでしょう。

会社が目指す理念に共感ができる

会社が目指す理念とは、会社が今後どのような使命や目的をもって経営していくのか、という、企業が目指す将来像のことを言います。

会社の理念に共感できることで次の効果が得られます。

・理念が一致しているので、やりがいを持って働ける
・会社の理念を共にし、同じ目的を目指して頑張れる
・理念に共感しているので、自分自身が働く価値を感じられる

上記のようなメリットを会社側と優秀な人の両方で共有できます。

優秀な人にとって仕事に対するモチベーションが高められるかどうかは最も重要なポイントなのです。

あなたの職場で輝く優秀な人がいなかった場合の考え方

今勤めている会社で周りを見渡したときに、あなたの周りに職場で輝く優秀な人がいなかったらどうするかを考えていきます。

ヤモリン

よーく周りを見渡してみよう

あなたの職場で輝く優秀な人がいなかった場合に考えられる選択を2つ紹介します。

少しでも参考にしていただければと思います。

更なる高みへの考えを捨てて割り切って今の職場で働き続ける

自身の働いている職場で輝きを放つくらい優秀な人がいなかったとしても、自分自身が働く環境として満足を得られていたり割り切ることが出来るのであれば、割り切って働き続けるのが良いでしょう。

ヤモリン

慣れた環境はストレスをためにくいよ

「となりの芝は青く見える」という言葉があるとおり、違う会社を選択することで環境の変化に柔軟に対応することを求められます。

職場を変えれば働く時間も周りの人も変わりますから、環境の変化から生まれるストレスはどうしても感じてしまうでしょう。

今の会社の環境で不満が無いのであれば、ストレスを抑える意味でも今の職場で働き続ける方が良いです。

自身も活躍できるようなフィールドを新たに探してみる

自身が優秀だと感じる人が在籍している職場を探してみるのも良いでしょう。

向上心がある方であれば、模倣したいと思える人との出会いは重要なターニングポイントになります。

・社長のワンマン経営では無い会社
・豊富なキャリアプランがある会社
・会社の理念に自分自身が共感できる会社

この3点に注意して新たなフィールドを探してみることをおすすめします。

ヤモリン

今の職場にそういう人がいないならね

自分自身の考え方も行動も優秀な人と一緒にいることで、いつの間にか向上していることは多々あるのです。

ただし、自分一人で新たなフィールドを探すことは働いている方にとっては至難の業といえるでしょう。

そこで次の項目では、あなたの力になってくれる転職エージェントを紹介します。

転職をサポートしてくれる転職エージェント

働いていると、転職活動をする時間に限りがあります。限りある中で理想の会社に出会うには、転職のプロに協力してもらうのが一番です。

転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
「狙ってる企業の関連企業」「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)

給料がアップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)

給与アップが確実なのはスカウトですが、スカウトされる人材になるためには経験と実績が不可欠です。私のスカウト体験はこちらの記事を参考にしてください。

ここでは次の項目に分けて紹介をします。

①自己分析を相談できる会社
②誰もが登録するべき転職エージェント
③20代特化の転職エージェント
④ハイクラスや高スキルの転職エージェント

まずは5社くらいに登録して、使いながら3社くらいに絞ると効率が良いです(経験談)。

①自己分析を相談できる会社

あなたの自己分析とキャリア形成を徹底的に手伝ってくれる会社があります。POSIWILL CAREERという会社です。

POSIWILL CAREERは、就職・転職すること自体が目的なのではなく、「あなたがどう生きたいのか」の延長上に仕事があると考えています。仕事をしたりキャリアを形成していく上で、将来自分が本当に実現したいことが土台になっていることが大切なのです。

スクロールできます
会社名実績特徴詳細

POSIWILL CAREER
年収最大150万アップ実績
50社落ちていた方が第一志望だった企業に1発内定などの実績
キャリアの軸や強みを明確にすることが可能
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス
詳細を見る

休職中からリクルート、アクセンチュア、30社落ちから博報堂子会社への転職に導いた実績もあり、あなたの今後に光を見出せること間違いありません。

転職のポイントを抑えてから転職活動をすると成果が出るまでのスピードが速くなります。転職活動のポイントについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

誰もが登録するべき転職エージェント3社

必ず登録しなければいけない転職エージェント3社があります。先ずはこの転職エージェント3社に登録しましょう。

スクロールできます
登録サイト特徴サービス詳細

リクルートエージェント
転職支援実績No1
業界最大級の非公開求人数
面接力向上セミナー」にも無料で参加可能

実績豊富なアドバイザーが在籍
詳細を見る

doda
転職者満足度№1
転職エージェント大手
応募書類のアドバイス

面接前後のきめ細かいフォロー
詳細を見る

マイナビエージェント
総合型の転職エージェント
あなたにマッチした転職
ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富

応募書類の準備から面接対策までサポート
詳細を見る
先ずはこの3社

求人数を見ても、先ずはこの転職エージェント3社に登録をしておきましょう。

20代特化の転職エージェント

20代という年齢を武器に転職を手助けしてくれる転職エージェントがあります。

特に初めての転職活動をする方にはおすすめです。

スクロールできます
登録サイト特徴サービス詳細

Re就活
20代が選ぶ20代向け転職サイト№1職種・業種未経験歓迎の募集求人数 約10,000件
20代に特化した転職イベントを多数開催
詳細を見る

キャリアスタート
35歳以下に特化第二新卒、既卒、フリーターの転職を徹底サポート

驚異の内定率86%を記録
詳細を見る

マイナビジョブ20’s
マイナビ唯一の20代専門サービス転職活動の始めから終わりまでサポート

非公開求人が80~90%
詳細を見る

若さは転職にとって大きな武器となります。

特に20代という吸収力の高い年代での経験は30代以降に確実な差を付けてきます。

ハイクラスや高スキルの転職エージェント

エンジニア系や外資などのハイクラス求人から転職先を探したいのであれば、紹介する4社に登録して話を聞いてみると良いでしょう。

エンジニア系や外資系の求人は年収が高い傾向にあるため、求められるスキルも高いですが自身の成長と言う意味では、大きな成長が望める業界と言えるでしょう。

スクロールできます
登録サイト特徴サービス詳細

エンワールド
IT系やSaaS系成長企業への転職

企業の社内事情を熟知
独自サポートツールによる
個別フォロー

終業後もサポート
詳細を見る

レバテックキャリア
サービス利用者数20万人突破

ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
紹介可能な企業は大手IT企業からWeb系企業

徹底したフォロー体制
詳細を見る

SAMURAI job
ハイクラス転職 × ハイクラスエージェント

海外案件・外資系企業に強い
グローバル・外資系・ハイクラスに特化した転職支援サービス
高年収ポジションに特化した転職コンサルティング
詳細を見る
求人を常時10,000件以上保有

先端技術・イノベーション領域に強み
エンジニア求人数 業界最大級のエンジニアのための転職支援

技術系の転職コンサルティング
詳細を見る

あなたが20代なら先の40年と考えると高収入でスキルも身に付くという一石二鳥の転職になります。

年齢が若いうちは、どんどんチャレンジして自分の出来る範囲を広げましょう。

転職を考えるなら行動は早めに起こしたほうがよいです。

・転職には、時間・お金・肉体・精神の負担がかかる

・追い詰められてからだと冷静な判断ができない

・ストレスで「うつ」など病気になってからでは手遅れ

・嫌な仕事を続けるのは人生の無駄

ギリギリまで我慢しても良いことはありません。とはいえ、転職となると不安になりますよね。まずは相談することから始めてみましょう。今の悩みが解決する可能性が見えますよ。

一年間で転職してる人ってどれ位いると思いますか?なんと、1年間で351万人です。

これは2019年のデータでして、過去最多です。総務省統計局よりみんな「より良い条件の仕事を探すため」に、どんどん転職しています。

仕事の考え方を見直すための本

一人で考えてしまう方には本がおすすめです。

悩みに沿った本を選ぶことで解決のヒントが見出せます。

「仕事ができる」とはどういうことか? (宝島社新書)

ストーリーとしての競争戦略』で知られる一橋ビジネススクール教授の楠木建氏と、2017年に出版し17万部を超えるヒットとなった『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか』?の著者、山口周氏による初の対談本。

なぜ日本では「スキル」が偏重され、「センス」が見向きされないのか。「仕事ができる」をテーマに、世界に遅れをとる日本のビジネスの現状と、仕事において本当に必要なことを語り尽くす。2019年発売の同名単行本の新書化。

あたりまえだけどなかなかできない仕事のルール

仕事にむずかしいことなんていらない。

仕事ができる人が、なぜ仕事ができるかがわかる本。

この会社ムリと思いながら辞められないあなたへ

転職先が決まっていない・収入がなくなる・自分がダメだから……としがみついても、会社はあなたを助けてくれない!

「今すぐにでも会社を辞めたい」という人から「いずれは退職するかもしれないけど、今は会社との付き合い方を知っておきたい」という人まで、楽しく読める1冊です。

まとめ|職場で輝く優秀な人ってどんな特徴かを実体験から説明

今回は優秀だなと感じたときの行動を書きました。

どれも私が凄いと思った点でしたが、みなさんはどう感じましたか?

視点や見え方が違うと思った人もいるのではないでしょうか。

ヤモリン

実際の好みは人それぞれ

でも、参考になるところはあったと思います。

私が実際に感じた職場で輝く優秀な人

・好奇心旺盛で常にアンテナを張っている

・口より手を動かして何に対してもチャレンジする

・自分自身にプレッシャーをかける

・ミスをミスと認めることができる

・結果が全てであると考えている

・集中力が高い

・起こった出来事に対して柔軟な対応をしている

・組織全体の進捗を常に見ている

・自分の能力を正しく理解し、仲間の力を上手に借りる

・素直にありがとうと言える謙虚さがある

上にあげた10点を意識するだけで見え方が変わるのです。

見え方が変わると考え方が変わるので、また新たな発見もできるのではないでしょうか。

今より新たな変化を求めるのであれば他への転職も視野に入れると更なる新しい知識が身に付いて経験値を高めることができます。

・今すぐに仕事の環境を変えたい方は転職エージェントの記事を読んでプロのエージェントに相談してみてください。

・今働いている会社を辞めて今後を見つめたい方は退職代行サービスの記事から退職のプロに相談してみましょう。

優秀な人と多くの時間を共にして、自分のスキルも高めていきましょう。

あなたの今後が、今以上になっていくことを切に願っております。

おわり

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる