MENU

20代が「今の仕事を辞めたい」と思う会社に疲れるときと退職がリスクとは限らない理由を解説

これ以上、「今の仕事をしたくない…」「どうしても今働いている会社に行きたくない…」と思う瞬間が誰でもあります。

今やっている仕事でやる気が出なかったり、これ以上つらい仕事を続けられないって気持ちが切れることってありますよね。

ヤモリン

簡単なプロフィール
43歳
転職2回
人材ビジネスの会社で7年間勤務
製造業⇒っ人材ビジネス⇒メーカー⇒現在
転職に関する悩み相談は何でもTwitterで相談してください
ただ記事を書いているだけの方とは違う、実績に基づいたアドバイスをさせてもらいます
もちろん無料ですので気軽にどーぞ

仕事をしたくないと思うほど、会社に行く前が億劫になり、特に日曜日の夜は「サザエさん症候群」を発症する程、仕事への拒絶反応が出てネガティブになります。

仕事をしたくないのに我慢し続けると、絶対に心に限界がきてうつ病になってしまいます。

特に社会の経験が少ない20代のときは「今の仕事を辞めたい」と思う瞬間が多いでしょう。

何回も辞めたいと思ったなぁ

ヤモリン

20代の退職がリスクとは限らないよ

この記事では20代の方に向けて、「今の仕事を辞めたい」と思う瞬間と20代での退職がリスクとは限らない理由を解説します。

最後まで読んで、「今の仕事を辞めたい」と思ってしまう状態から一刻も早く抜け出しましょう。

・今すぐに仕事の環境を変えたい方は転職エージェントの記事を読んでプロのエージェントに相談してみてください。

・今働いている会社を辞めて今後を見つめたい方は退職代行サービスの記事から退職のプロに相談してみましょう。

目次

働いていれば「仕事をしたくない」と思う瞬間はある

Biz Hitsが働く10代~50代の1000人にアンケートした結果によると、仕事をしている人の84%は「働きたくない」と思う瞬間があるそうです。

仕事をしたくない
引用元:Biz Hits

84%という結果から分かる通り、今日あなたの隣で仕事をしている人も働きたくないと思ったことがある可能性が高いのです。

働きたくないと思う上位ランキングTOP10を見てみましょう。

①人間関係がつらい
②身体がつらい
③休みが少ない・残業が多い
④仕事のやりがいがない
⑤上司が嫌い
⑥給料が安い
⑦働かずに暮らしたい
⑧朝起きるのがつらい
⑨家事との両立が大変
⑩通勤にストレスを感じる

誰もが思い当たる内容ですね。

項目ごとに詳しく説明します。

①人間関係がつらい

会社で働く以上は人との関りがうまれます。そして、関わる人が自分にとってプラスになる人だけではありません。

理不尽な人間関係に悩んでしまうことも多いのです。

人間関係に悩んでいる方はこちらの記事を参考にしてください。

②身体がつらい

仕事をしている時間内の時間と行動の自由は会社にあります。自分の働きたい時間で働けないですし、容量以上の負荷が身体に掛かってしまう仕事をしなければいけない場合があります。

会社で働くということは、身体を労力として使うことなのです。

③休みが少ない・残業が多い

休みが少なかったり、残業時間が多くなってしまうとプライベートな時間を削ることになります。

自分自身に使える時間が減ってしまうと、仕事に対する不満が募っていきます。ワークライフバランスは働くうえで非常に大切なことなのです。

残業の多い会社と少ない会社は何が違うのか?についてこちらの記事で詳しく解説しています。

④仕事のやりがいがない

ただ何となく仕事をしている状態になっていると、何のために仕事をしているのかを見失っていることになり、やりがいを感じなくなってしまいます。

特に目的を持たない会社や上司だと、仕事へのやりがいは感じにくいでしょう。

⑤上司が嫌い

上司の言葉がきらいと言う方もいれば、上司の人によって変わる態度がきらいと言う方もいるでしょう。

仕事上の上司は選ぶことができません。どこかでお互いに妥協しながら共存しなければならないのです。ただし、部下の祖横断にのってくれない上司なら部署移動を申し出た方が良いですよ。

上司との上手い付き合い方はこちらの記事が参考になります。

⑥給料が安い

給料は生活していく上で重要なポイントです。「会社の給料が安くて暮らせない」や「周りの友人より給与面が低すぎる」と感じているのであれば、転職を考えましょう。

ただし、高い給与にたどり着くための努力は必要になります。楽して多くの給料を貰おうと考えてしまうと、怪しい仕事内容になってしまいがちです。

仕事探しは仕事探しのプロと一緒に考えてみると良いでしょう。

⑦働かずに暮らしたい

働かずに暮らせるのなら、そうしたいと考えたことは誰もがあるでしょう。会社を経営して従業員に働いてもらうか、投資をしてFIREを目指すかになります。

ただし、経営者は経営状況を見なければいけませんし、投資家は日々の相場などをチェックして資産を適切に運用しないといけません。

働かずにとなると、宝くじの1等が当たった場合など限られてしまいますよ。まずは、少しづつでも資産形成のために積み立て投資を始めてみましょう。

⑧朝起きるのがつらい

朝の早起きが苦手の方もいるでしょう。「夜ならパッチリ目がさえているのに」や「夕方からは元気なんだけどなぁ」と思っている方も多いでしょう。

そんな時は、夜勤の仕事を探すなど日勤の仕事から離れてみると良いでしょう。働く時間が自分に合っていれば、その方が身体も楽ですよ。

⑨家事との両立が大変

仕事が終わって帰ってから家事をされる方も多いでしょう。

疲れている身体に更に家事をしなければいけないとなると、バランスを取るのは難しいです。家事は決まった時間などがないため、仕事と違い終わりが毎日変わるものです。

やまち、家事は分担と協力が重要と言えるでしょう。

⑩通勤にストレスを感じる

通勤時間が長くなったり、満員電車に揺られてとなると通勤だけでもストレスを感じてしまうものです。

特に都心部で仕事をする方は通勤にストレスを感じてしまいます。

無理をせず、田舎暮らしやリモートワークの会社も視野に入れてみると良いでしょう。

仕事を辞めたい、疲れた20代にとって退職がリスクとは限らない

ここでは、そんな若者に向けて仕事を無理に続ける必要はなく、辞めてしまった方がかえっていい結果をもたらす可能性があるという理由を解説していきます。

退職することがリスクだと考えている20代の方は見方を変えることができますよ。

①今の状態で数十年頑張ることは難しすぎる

②20代なら立て直しも容易にできる

③年齢を重ねるごとに転職はどんどん難しくなる

それぞれを項目ごとに説明します。

①今の状態で数十年頑張ることは難しすぎる

まだ20代。今抱えている疲れや、仕事を辞めたいと思うほどの苦痛を何十年も今のままで、この先抱え続けることは果たしてできるでしょうか。

人生100年時代と言われる近年では、高齢となっても働き続ける人が大勢います。これから先の数十年、心身ともに苦痛を感じ続けることは無理があるのです。

ヤモリン

今の状態をあと40年以上続けられますか?

長い間働いていかなければならないのに、体を壊してしまっては元も子もありませんし、体の不調だけでなく、うつ病などの精神的な病気にかかってしまう恐れもあります。

そうなってしまっては復帰するのにも時間を要してしまうことになるため、長期的に考えると今の仕事を無理に続ける必要はないと言えるでしょう。

②20代なら立て直しも容易にできる

今の仕事は辛いけど、辞めてしまった後に転職先が決まらなかったらどうしよう」こんな風に考えている人は少なくないでしょう。実際は、20代の若者を求める企業は多数存在します。

たとえ実務未経験であっても、20代ではスキルよりも仕事に対する熱意や意欲が重視される傾向にあります。

ヤモリン

一番採用したくない人はやる気がない人だよ

辞めた後に就職がなかなか決まらないのでは、といった不安は大きなものだと思いますが、20代の若い人材を欲している企業は数多く存在します。

そのため、一度仕事を辞めてしまったとしても20代なら立て直すことは比較的容易と言えるでしょう。

③年齢を重ねるごとに転職はどんどん厳しくなる

20代は比較的転職活動が成功しやすいのですが、年齢を重ねていくごとに転職は難しくなってきます。

企業側としても、30代以降の応募者を採用する際には実務経験や専門性に重きを置くことが多いため、未経験の分野に挑戦しにくくなってくるのです。

ヤモリン

活躍できる人材はスカウトなんてこともあるよ

仕事を辞めることを決断できずに今の仕事を継続して年齢を重ねるよりも、20代の今のうちに決断してみることをおすすめします。

今の仕事を辞めたいと思ったときの具体的な解決策

20代で今の仕事を辞めたいと思うほどに疲れてしまったとき、どのように解決して行けば良いのでしょうか。以下では、具体的な解決策を述べていきたいと思います。

・ゆっくりと休む
    ↓
・自己分析を徹底的にやる
    ↓
・転職エージェントに登録しておく
    ↓
・転職先が決まったら今の職場を退職する

上から順番に説明していきます。

ゆっくりと休む

仕事を辞めたいとき、まずはゆっくりと休むことが大切です。

常に疲れ果てている状態では冷静な判断を下すことができません。

仕事が無い日は趣味に没頭してみたり、身体を動かしてみたり、映画を見るなど、仕事から離れてみてはいかがでしょうか。

自己分析を徹底的にやる

次に、自己分析を徹底的にしましょう。

そもそも、自分が何に対して悩んでいるのか明確になっているでしょうか。

・今の仕事で何がいやなのか
・今の仕事を辞めてどうしたいのか
・仕事を辞めないと解決できない問題なのか

今の自分自身を見つめ直すことが大切です。

紙に書き出すだけでもかなり気持ちが落ち着くので、一度分析してみましょう。

そして自己分析は今後の強みになります。あなたの自己分析を手助けしてくれるプロに相談してみるのも良いでしょう。

転職エージェントに登録しておく

転職エージェントとは、求職者と採用を考えている企業の間に立って転職を支援するサービスのことです。

今すぐ仕事を辞めない場合でも、とりあえず登録しておけば求人情報などを無料で得ることができますし、今までの職歴から、キャリアアドバイザーがキャリアプランや適正年収を診断してくれる点も嬉しいポイントです。

仕事にお悩みの方は今後のことも踏まえて、まずは転職エージェントに登録しておくのがオススメです。詳しい転職エージェントの記事はこちらから読めます。

転職先が決まったら今の職場を退職する

転職先が決まったら、速やかに今の職場を退職しましょう。

民法上、雇用期間の定めがない正社員の場合は2週間前に退職の意思をきちんと伝えれば問題ありません。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)
第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
民法第627条

法律の部分で言えばこの様に2週間が決まりとなっています。ですが、2週間以内に仕事の引継ぎと有休消化とをこなすことは難しいでしょう。ですから一般的に1ヶ月程度前に伝えるようにしましょう。

自身で会社に伝えるのが難しい方や、会社に丸め込まれたくない方は、とりあえず退職代行サービスに相談してみると良いです。退職できなければ全額返金保証がありますよ。くわしくはこちらの記事を確認してみてください。

20代で今の仕事を辞めたいと思っても、やってはいけないこと

ここでは20代で今の仕事を辞めたいと思っても、やってはいけないことを紹介します。

行動が重要なのですが、早とちりした行動になると結果としても前に進んでいない状態になってしまいます。

①つらい状態でも耐え続けてしまう

②次の仕事が決まる前に退職してしまう

③誰にも相談せずに1人で決めてしまう

④貯金がない状態で仕事を辞めてしまう

⑤見方が短期的になり、感情的に決断をしてしまう

この5つを項目ごとに説明します。

①つらい状態でも耐え続けてしまう

今の仕事を辞めたいと思っている位つらい状態なのに、その「つらい状態を続けてしまう」とこです。

なぜなら今「仕事を辞めたい」くらい辛いと感じる理由があるにもかかわらず放っておくと、いつか限界を超えて心身が崩壊するからです。

若いから大丈夫とおもって頑張りすぎると30代以降に体がおかしくなって後戻りできず後悔することになります。

②次の仕事が決まる前に退職してしまう

退職してから次のキャリアを検討し始めると貯金が無くなって条件面の悪い会社でも今の収入が最優先で転職したり、本当にやりたい仕事に就けない可能性があるからです。

良い企業や選択をするためには、時間的にもお金的にも余裕のある状態での決断を目指しましょう。

自分だけで就職先を探そうとすると時間が掛かってしまうので、転職エージェントに相談してマンパワーを上げましょう。

③誰にも相談せずに1人で決めてしまう

だれにも相談せずに、一人で決めてしまうことはNGです。

なぜなら大きな決断は客観的な視点を聞いてから決断するのが一番だからです。「仕事をしたくない」「今すぐ仕事を辞めたい」という気持ちはわかるけど、そんな場合こそ冷静に決断するべきなのです。

最終的には自分で決断する必要がありますが、まずは色々な情報を仕入れてから決断しても遅くはありません。

④貯金がない状態で仕事を辞めてしまう

お金がないと焦ってしまいよいキャリア戦略を練ることも決断もできません。

「お金があれば何でもやれる」「貯金があるから焦らず決断できる」と精神的に安定しますので少なくとも生活費の半年から1年分は貯金しておきましょう。

転職すると、給与面が少し下がった状態でスタートラインに立つケースも多いので金銭的な余裕は必要です。

⑤見方が短期的になり、感情的に決断をしてしまう

決断するときは目先の成果や報酬を折ってはいけない理由は、普遍的に求められる仕事に取り組まないと将来仕事や給料がジリ貧になるからです。

【短期的な旨味を追いかけると将来挫折するパターン】

・20代で仕事が辛いから辞めたい→実力がないので転職しても・独立しても稼げない
・楽そうな仕事に尽きたい→将来AIや自動化で仕事がなくなるので職を失う
・給料の高そうな業界に転職する→自分がやりたくないことなのでうつ病になる。キャリアを誤る。

一見、短期的には良さそうなことでも、長期的には挫折したり上手くいかない道に進んでいることも多いです。

そのため、決断するときは「長期的な視点で考えても問題ない」状態であれば決断するようにしましょう。

自分1人で悩まない!相談先を見つけよう

今の「仕事を辞めたい」と思っているあなたは、今の仕事から離れられる方法を見つければ問題は解決します。

ただし、辞めるだけでは収入が途絶えてしまい生活できなくなってしまいます。そんなあなたを手助けしてくれる会社は沢山あるのです。

20代の仕事に悩みがある方に向けた相談先を紹介します。

①自己分析を相談できる会社
②20代のための転職エージェント
③退職したい方向けの退職代行サービス

それぞれを項目ごとに紹介していきます。

①自己分析を相談できる会社

あなたの自己分析とキャリア形成を徹底的に手伝ってくれる会社があります。POSIWILL CAREERという会社です。

POSIWILL CAREERは、就職・転職すること自体が目的なのではなく、「あなたがどう生きたいのか」の延長上に仕事があると考えています。仕事をしたりキャリアを形成していく上で、将来自分が本当に実現したいことが土台になっていることが大切なのです。

スクロールできます
会社名実績特徴詳細


POSIWILL CAREER
年収最大150万アップ実績
50社落ちていた方が第一志望だった企業に1発内定などの実績
キャリアの軸や強みを明確にすることが可能
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス
詳細を見る

休職中からリクルート、アクセンチュア、30社落ちから博報堂子会社への転職に導いた実績もあり、あなたの今後に光を見出せること間違いありません。

②20代のための転職エージェント

20代という年齢を武器に転職を手助けしてくれる転職エージェントがあります。

転職エージェントは多くに登録して、自分に合う会社を絞っていくことでより効率的に活用できます。5社位に登録し、最終的に2~3社になるように選別しましょう。

必ず登録しなければいけない3社があります。先ずはこの3社に登録しましょう。

スクロールできます
登録サイト特徴サービス詳細

リクルートエージェント
転職支援実績No1

業界最大級の非公開求人数
「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
実績豊富なアドバイザーが在籍
詳細を見る

doda
転職者満足度№1
転職エージェント大手
応募書類のアドバイス
面接前後のきめ細かいフォロー
詳細を見る


マイナビエージェント
総合型の転職エージェント
あなたにマッチした転職
ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富
応募書類の準備から面接対策までサポート
詳細を見る
先ずはこの3サイトに登録

そして、20代に特化している転職エージェントはこちらです。特に初めての転職活動をする方にはおすすめです。

スクロールできます
登録サイト特徴サービス詳細

Re就活
20代が選ぶ20代向け転職サイト№1職種・業種未経験歓迎の募集求人数 約10,000件
20代に特化した転職イベントを多数開催
詳細を見る
キャリアスタート35歳以下に特化第二新卒、既卒、フリーターの転職を徹底サポート
驚異の内定率86%を記録
詳細を見る


マイナビジョブ20’s
マイナビ唯一の20代専門サービス転職活動の始めから終わりまでサポート
非公開求人が80~90%
詳細を見る
20代が登録すべきサイト

20代で今の仕事を辞めたいと考えたことがあるなら、登録する価値はあります。

転職には転職のプロを頼った方が物事がスムーズに運びますよ。

③退職したい方向けの退職代行サービス

退職は会社の同僚や友人にも言いづらいことです。退職で悩んでいる方は多いでしょう。

引き止められたら断れない方や、会社と揉めずにスムーズに退職したい方は退職代行サービスに相談してみてください。

ここでは3社を紹介します。

スクロールできます
サイトサービスの特徴返金制度対象となる方詳細


J-NEXT
【安価な費用】
税込み20,000円での
サービス提供は
最安値クラスです
退職できなかった場合は
返金致します。
男女年齢不問
仕事を辞めたい人
詳細を見る

男の退職代行
退職のご相談は無料です。
ご依頼後、追加料金は発生いたしません。
退職できなかった場合の「全額返金保証あり」男性詳細を見る
女性の退職代行女性の特有の悩みに考慮し、辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ女性を退職ストレスから解放退職できなかった場合の「全額返金保証あり」女性詳細を見る
退職相談ならこの3社

退職代行サービスを利用せずに会社を辞められるのが1番良いですが、不安を感じている方は1度登録して相談をしてみましょう。

退職代行サービスはこちらで詳しく説明していますので、サービス内容を1度確認してみてください。

会社を辞めたいと思ったときに読むべき本

一人で考えてしまう方には本がおすすめです。

悩みに沿った本を選ぶことで解決のヒントが見出せます。

そして、身に付いた知識は蓄積されますので大きな武器になりますよ。

この会社ムリと思いながら辞められないあなたへ

転職先が決まっていない・収入がなくなる・自分がダメだから……としがみついても、会社はあなたを助けてくれない!

「今すぐにでも会社を辞めたい」という人から「いずれは退職するかもしれないけど、今は会社との付き合い方を知っておきたい」という人まで、楽しく読める1冊です。

1万人超を救ったメンタル産業医の 職場の「しんどい」がスーッと消え去る大全

不安を消すバタフライハグ、理不尽な人には先制パンチワード、ダ行封印で自己肯定感UP――働くのがつらい全ての人へ。

ブログ『たたかう産業医!』が大人気の“金髪アフロ”ドクターが教える、「大雑把に&笑顔で生きる」方法。

しんどい心にさようなら 生きやすくなる55の考え方

表面的な感情の裏に潜む、本当のあなたを一緒に見つけていきましょう。

本当のあなたに出合えた時、生きづらいが解けています。

本書は、しんどいあなたの心に寄り添い、理由を見つけ、生きづらさを緩めてくれる一冊です。

まとめ|20代が「今の仕事を辞めたい」と思う会社に疲れるときと退職がリスクとは限らない

働いている人の84%が「仕事を辞めたい」と感じており、あなたも同じように感じるのは決して甘えではありません。

「なぜ仕事をがしたくないのか」見つめなければ、正しく解決できないのでつらいですが自分自身と向き合って悩みの根本を探してください。

ヤモリン

会社がイヤなのか仕事がイヤなのか・・・

そして、20代で仕事を辞めて転職してもリスクではありません。40代や50代で仕事を辞めて退職する方がリスクが高いのです。

あなたらしい仕事に出会うまで、マッチした仕事を見つける道のりを楽しめると考えましょう。

仕事探しは仕事探しのプロに相談して、退職も退職のプロに相談しましょう。

一人で悩まなくても、あなたの周りに助けてくれる人はいます。たくさん相談して、今より前に進める仕事に出会えることを祈っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる