辞める選択も決意のしるし!言いだしにくい人の味方、退職代行サービスが便利

退職する理由は様々だと思います。

自身のスキルアップの為に転職する場合や、結婚や出産を機に退職を決断する場合などがあります。前向きな理由ではない場合も当然あると思います。

私自身も3つの会社を経験していますから退職を2回いるのです。

前職の派遣会社の時は数えきれない人と出会い、そしてお別れをしてきました。

自身で言い出せない人も多く見てきたので、そんな言い出しにくい人に活用してもらいたいサービスを解説します。

最後まで読んでもらうと、自身だけで悩む必要はないことに気付いてもらえます。

ヤモリン

相談できるって大切だね

私が退職や転職を説明することで少しでも多くの人に参考にしてもらえればと思います。

フォローとシェアをよろしくお願いします。

今回は退職を考えられている方に退職についてを説明したいと思います。

この記事はこんな人におすすめです
  • 今の仕事で悩んでいる人

  • 仕事を辞めたいが言い出せない人

  • 会社がなかなか辞めさせてくれない状況にある人

  • 真剣に相談できる相手がいない人

それでは、最後までお付き合いください。

目次

退職についての決まりごと

民法上、雇用期間の定めがない正社員の場合は2週間前に退職の意思をきちんと伝えれば問題ありません。

(期間の定めのない雇用の解約の申入れ)

第六百二十七条 当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

民法第627条

法律の部分で言えばこの様に2週間が決まりとなっています。ですが、2週間以内に仕事の引継ぎと有休消化とをこなすことは難しいでしょう。ですから一般的に1ヶ月程度前に伝えるようにしましょう。

稀に、「今は時期的に辞める事は難しい」や「業務の事を考えて退職してほしい」などと言われ、退職を認めない様にするケースもあります。ですが、退職する権限は従業員にありますので、会社がどう言おうが辞めることが可能です。余裕を持った期間で伝えることがマナーです。

ヤモリン

辞める権利があるんだね

会社から「辞められたら困る」という言葉にとらわれて働き続けている状況になっていませんか?そんな状況の人におすすめできるサービスを提供してくれる会社があります。最後まで記事を読んで対応を考えましょう。

直属の上司に伝える

退職の意思は所属している部署の一番偉い人に伝えましょう。課毎に分かれている様であれば課長、工場でまとまっていれば工場長という事になります。お世話になった上司に伝える人がいますが、一番偉い人が優先ですので、最優先で伝えるのは部署の一番偉い人にしてください。

退職願を書いて伝える

上司に伝えるときの手段として退職届・退職願を用意して口頭と書面の両方で退職の意向を伝える様にしましょう。口頭だけでは後で言った言わないの堂々巡りになりかねません。しかし、書面だけでは良い印象を与えませんので両方で伝える事が妥当です。(出来れば退職届・退職願が受理されるまでは日付入りの書面のコピーを手元に1部保管しておくと良いです

退職する際のマナーと手順

退職を一度見直してみる

退職は従業員の権利として最後の切り札になる物です。その退職という切り札を使うタイミングが今なのかどうかは一度見直して考えてみると良いでしょう。辞めることはいつでもできます。が、続けることは今しかできません。このタイミングを良く考えてから行動に移しましょう。後悔のない退職をする事が重要です。

引継ぎはきちんと行いましょう

退職することになったら自分の持っている仕事の引継ぎはしっかり行いましょう。

後任の手配は会社の仕事ですが、引継ぎ事項などはまとめてから渡してあげると親切です。自分が後任になることもありますから丁寧な対応を心掛けましょう。

有給消化をしましょう

有給の所得は労働者の権利ですから、「いつからいつまでは有給休暇をお願いします」などの一文を退職届に記載しておくと効果的です。有給休暇開始日までに引継ぎを終わらせる段取りをする事に集中できます。会社側が有給を認めない場合は労働基準監督署に相談しましょう。退職が決まっていれば後の立場は考えなくても大丈夫ですから。

挨拶と私物の整理はしっかり行いましょう

どのような労働環境であっても給料を会社から貰い、仕事も教わった事実はある筈です。退職する際にお世話になった方々への挨拶をするのは社会人として当然です。できれば担当していた取引先やお客様にも挨拶をするようにしてください。

また、自身のデスク周りやロッカー内の私物は整理して会社の備品は返却しておきましょう。思わぬトラブルになりかねませんから。



退職よりも転職を考えている人はこちらの記事を参考にしてください。

自分で言いにくい方は退職代行サービスを使いましょう

退職を言えずに困っている人は登録して相談をしてみましょう。私も多くの人を見てきましたが、言われないのが一番辛かったです。言えないのも辛いですが、言われないのも辛いのです。今は代行サービスがありますから活用してみると良いでしょう。

会社の同僚や友人にも言いづらい退職のことですから、退職のプロに相談するのが一番いいのです。

今の状況を続けますか?前を向いて前進するために一歩踏み出してみませんか?

あなたの悩みに真剣に向き合ってくれますから、遠慮せずに相談しましょう。

・退職と転職をどちらもサポート

(退職と転職の両方サポートしてほしい方はこちら)

・男性の退職を依頼したい方はこちら

(男性の退職依頼は登録から)

・女性の退職を依頼したい方はこちら

(女性の退職依頼は登録から)

・退職をスピーディーにサポートしてほしい方

¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中

まずは相談してみましょう。立ち止まることよりも進むことを選ぶのなら一歩が重要になります。話すことが苦手でもサイト登録で問合せ相談もできますから、登録してみることをおすすめします。

まとめ

今は、退職も転職も以前よりは認められる事項になってきました。前向きな退職もあれば後ろ向きな退職も当然あります。そのどちらも今の現状では無い事に踏み出しているから起こります。

今の状態に納得していないのであれば退職は選択肢としては良いと思いますが、退職を考える前に一度、やれることを考えてみてください。何もしないまま退職しても後悔が残る可能性が高いです。後悔をしない退職にするためにも考えて行動してからにしましょう。

ヤモリン

まずは相談だね

辞めることはいつでもできます。続けることはその時しかできません。

悩んでいるということは答えが出ていないから悩んでいるのです。そのまま一人で悩んでも自分を苦しめてしまいます。誰かに相談することで今は思いついてない考え方が分かります。

まずは相談が一歩目なのです。話すことが苦手ならサイトに登録して聞いてみましょう。あなたの肩の荷が少し軽くなりますよ。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

おわり

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる