MENU

20代の平均年収が悲惨!男女別・学歴別・業種別の給与格差の実態と年収アップの簡単な方法

社会人になってから間もない20代が抱えている悩みとして、「20代の平均年収は?」や「自分の年収は同年代と比べてどうだろう?」と考える方が多いのではないでしょうか。

ヤモリン

簡単なプロフィール
43歳
転職2回
人材ビジネスの会社で7年間勤務
製造業⇒っ人材ビジネス⇒メーカー⇒現在
転職に関する悩み相談は何でもTwitterで相談してください
ただ記事を書いているだけの方とは違う、実績に基づいたアドバイスをさせてもらいます
もちろん無料ですので気軽にどーぞ

日本においては同年齢の所得格差は縮小傾向にあると言われていますが、20代~30代の若年層の所得格差については拡大していると言われています。

では20代の平均年収は男女別・学歴別・業種別でどれくらい格差があるのでしょうか。給与格差の実態を知り、今の自分と比べてみましょう。

・今すぐに仕事の環境を変えたい方は転職エージェントの記事を読んでプロのエージェントに相談してみてください。

・今働いている会社を辞めて今後を見つめたい方は退職代行サービスの記事から退職のプロに相談してみましょう。

20代で平均を下回っていても心配は必要ありません。年収アップの簡単な方法も紹介しますので参考にしてみてください。

20代の平均年収のざっくり
  • 20代の平均年収は20~24歳の20代前半は264万円、25~29歳の20代後半は369万円
  • 年収が手取り額ではない
  • 20代で年収を引き上げるなら昇進などが有効
  • 20代で年収を高める最大のポイントは儲かっている会社に勤める
目次

20代の平均年収は悲惨な状態

20代の平均年収は20代前半が267万円、20代後半が370万円です。

あくまでも平均なので、中央値になるとこれよりも下がります。

20代が結婚に踏み切れない理由も年収が1つの原因になります。女性が男性に求める年収についてはこちらの記事で解説しています。

年代・男女ごとに見ていくと、以下のようになります。

スクロールできます
年齢層平均年収男性女性
20代前半267万円284万円249万円
20代後半370万円404万円326万円
出典:民間給与実態統計調査

20代前半:20~24歳、20代後半:25~29歳です。

男性、女性ともに、20代後半になると年収が100万円近く上がっていることと、20代後半になるにつれて、男性と女性の平均年収の差は拡大しているのが分かるでしょう。

20代の給与について以下の順番でご説明していきます。

①男女別の平均手取り金額を比較

②ボーナスの有無が年収を大きく変動させる

項目ごとに解説していきます。

①男女別の平均手取り金額を比較

20代の平均年収をもとにして、平均的な手取り額を計算すると、以下のようになります。

また、各性別と年齢ごとに、手取り額を月給に換算すると、次の表のようになります。月給の手取り額を見た方が現実を捉えやすいでしょう。

②ボーナスの有無が年収を大きく変動させる

年収はボーナスの有無によって大きく変動するということです。

ボーナスの目安
ボーナスの支給金額は、大企業と中小企業で違います。

・大企業:月給の2.4ヶ月分/1回
・中小企業:月給の1ヶ月分/1回
夏と冬の年2回ボーナス支給があるので差は開く一方です。
参考:厚生労働省の毎月勤労統計調査

次に、業種別に20代の平均年収を比較していきます。

【業種別】20代の平均年収を比較

ここでは、20代の平均年収を業種別に比較していきます。

平均年収の高い業界へ転職したいと思う方は、以下のデータをそれぞれ参考にしてみてください。早く転職したいと思う方はこちらの記事を参考にしてみてください。

20代男性の業種別平均年収データ

20代前半と20代後半の男性の平均年収を業種別にまとめると、以下のようになります。自身の働いている業種をチェックしましょう。

スクロールできます
業種20代前半
男性の平均年収
20代後半
男性の平均年収
建設業
265.3万円311.6万円
製造業
243.7万円286.1万円
情報通信業
274.4万円323.0万円
運輸業・郵便業
257.3万円300.0万円
卸売業・小売業
258.7万円301.7万円
金融業・保険業
276.0万円339.4万円
学術研究・専門技術サービス業
273.4万円329.4万円
宿泊業
飲食サービス業
240.2万円270.5万円
生活関連サービス業・娯楽業
251.3万円287.3万円
教育・学習支援
266.6万円330.5万円
医療福祉
266.3万円311.3万円
サービス業
(分類なし)
253.3万円287.4万円
出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

20代前半、20代後半ともに、男性の平均年収が最も高かった業種は金融業と保険業でした。

また、法律事務所や会計事務所などが含まれる学術研究、専門技術サービス業も高年収の傾向にあります。

ただし、年収だけを見ているので仕事内容等は他の業種より求めれるものが厳しい可能性が高いです。

20代女性の業種別平均年収データ

20代前半と20代後半の女性の平均年収を業種別にまとめると、以下のようになります。自身の業種をチェックしましょう。

スクロールできます
業種20代前半
女性の平均年収
20代後半
女性の平均年収
建設業
256.6万円270.1万円
製造業
224.8万円246.7万円
情報通信業
270.7万円310.6万円
運輸業・郵便業
239.8万円275.9万円
卸売業・小売業
246.4万円274.2万円
金融業・保険業
253.4万円283.2万円
学術研究・専門技術サービス業
263.5万円307.6万円
宿泊業
飲食サービス業
229.6万円249.5万円
生活関連サービス業・娯楽業
242.8万円263.0万円
教育・学習支援
250.3万円285.5万円
医療福祉
266.3万円295.1万円
サービス業
(分類なし)
242.0万円268.4万円
出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

女性で最も年収が高いのは20代前半・後半どちらも「情報通信業」で、男性の平均年収よりも10万円程度高いです。男性とは平均年収が高い業種に違いが出るようです。

また、「学術研究・専門技術サービス業」「医療福祉」「金融業・保険業」も比較的高い水準になります。

企業規模で見る20代の平均年収

20代の平均年収は企業の規模によっても異なります。

ここでは20代が勤める企業の規模別で平均年収を社員数で切り分けて見ていきましょう。

企業規模20代前半20代後半
1~4人
200万1,000円286万6,000円
5~9人
234万1,000円293万9,000円
10人以上30人未満
241万5,000円324万9,000円
30人以上100人未満
264万9,000円335万3,000円
100人以上500人未満
288万8,000円364万8,000円
500人以上1,000人未満
292万円383万5,000円
1,000人以上5,000人未満
272万9,000円411万6,000円
5,000人以上
232万7,000円417万5,000円
出典:国税庁「民間給与実態統計調査(令和元年分)」

20代前半では社員数が多ければ平均年収が高いという限りではありませんが、20代後半の場合、社員数が多ければ多いほど、平均年収も高くなるようです。

次に学歴別の平均年収を見ていきましょう。

学歴別で見る20代の平均年収を比較

20代の平均年収を学歴別に見ていきましょう。

学歴別の平均年収の違いは、以下のデータを参考にしてみてください。

20代男性の学歴別平均年収

20代男性の平均年収を学歴別にまとめてみると、以下のようなデータになります。

スクロールできます
学歴20代前半男性20代後半男性
大学卒
大学院卒
275.0万円319.7万円
短大卒
高専卒
252.7万円287.3万円
高卒
243.6万円280.1万円
出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

男性の高卒と大学卒・大学院卒を比較すると、30~40万円程度の差があります。

また、高卒と短大・高専卒を比較すると、差は10万円以内と小さいため、大学を卒業しているかどうかが年収差を広げる要素であるといえます。

20代女性の学歴別平均年収

20代女性の平均年収を学歴別にまとめてみると、以下のようなデータになります。

スクロールできます
学歴20代前半女性20代後半女性
大学卒
大学院卒
269.8万円299.9万円
短大卒
高専卒
252.2万円278.9万円
高卒
223.7万円238.0万円
出典:厚生労働省『賃金構造基本統計調査』

女性の高卒と大学卒・大学院卒を比較すると、40~60万円程度の差があり、これは男性よりも差が大きいです。

平均年収を学歴別にまとめると、男女それぞれ以下のような特徴がみられることが分かります。

20代前半、後半ともに、「大学卒・大学院卒」の平均年収が最も高く、全体の平均年収よりも約20万円程度高い

「大学・大学院卒」と「高卒」を比較すると、30~60万円の差がある

次に雇用形態別で20代の平均年収を見ていきましょう。

雇用形態別で見る20代の平均年収を比較

20代の平均年収を雇用形態別にまとめていきます。

雇用形態ごとの平均年収の差は下の表を確認ください。

正社員と正社員以外の人の年収を比較すると、30~60万円程度の差あります。

年齢だと20代後半の方が、性別だと女性の方が差が大きいことが読み取れます。

全年齢の平均年収を比較

全年齢の平均年収は461万円です。

全年齢の平均年収も以下の要素で変わってしまいます。

・性別
・業界別
・企業規模別
・雇用形態別

それぞれの要素を項目ごとに分けて説明しますので、見ていきましょう。

男女別の全年齢の平均年収

国税庁の民間給与実態統計調査(令和元年分)によると、全年齢の性別・年齢別の平均年収は以下の表のようになっています。20代の平均年収とどれくらい違いがあるかチェックしましょう。

スクロールできます
年代男性女性
20代前半
278万円248万円
20代後半
403万円328万円
30代前半
470万円321万円
30代後半
529万円313万円
40代前半
582万円318万円

年齢が低いほど年収の差が少ないものの、年齢が上がっていくにつれて、男性と女性の年収の差は開いていくようです。

業種別の全年齢の平均年収

国税庁の民間給与実態統計調査(令和元年分)によると、業界別の平均年収は全年齢では以下のようになっています。20代の平均年収との違いをチェックしましょう。

電気・ガス・熱供給・水道業
824万円
金融業・保険業
627万円
情報通信業
599万円
学術研究、専門・技術サービス業、教育・学習支援業
518万円
製造業
513万円
建設業
491万円
運輸業・郵便業
436万円
不動産業・物品賃貸業
424万円
複合サービス事業
411万円
医療・福祉
401万円
卸売業・小売業
376万円
サービス業
359万円
農林水産・鉱業
297万円
宿泊業・飲食サービス業
260万円

参入障壁が高いインフラ系、それから多額のお金が動く金融系の年収が高いようです。

企業規模別の全年齢の平均年収

国税庁「民間給与実態統計調査」によると、企業規模別の全年齢で見る平均年収は以下のようになっています。20代の企業規模別平均年収と比べてみてください。

スクロールできます
企業規模平均年収
10人未満
357.7万円
10人以上30人未満
420.7万円
30人以上100人未満
434.4万円
100人以上500人未満
433.3万円
500人以上1000人未満
473.2万円
1000人以上5000人未満
497.2万円
5000人以上
511.4万円
全体の平均
440.7万円

企業は規模が大きくなるほど年収も高くなるようです。

雇用形態別の全年齢の平均年収

雇用形態別の全年齢の平均年収は以下のようになっています。正規社員と非正規社員の平均年収を参考にしてみてください。

スクロールできます
正規社員非正規社員
男性
547.5万円229.4万円
女性
150.8万円150.8万円
全体の平均
493.7万円175.1万円

雇用形態でいうと正規社員と非正規社員とでは、年収に2倍以上の差がついていることがわかります。

20代で平均年収よりも年収をアップさせるための5つの方法

20代で年収をアップさせるための方法としては、5つの方法を紹介します。

①昇進や昇格などによる給与アップを目指す
②空いた時間で副業する
③資格を取得する
④投資を行う
⑤給料の高い職場に転職する

年収をアップさせる5つの方法を項目ごとに説明します。

①昇進や昇格などによる給与アップを目指す

もっとも堅実に手取り額を上げる方法は、昇進や昇格によって給与をベースアップさせることです。

この際、現在の職場の評価基準を確実に把握し、効率的に昇進できるよう、生産性を高めながら仕事に取り組むことが大切です。

昇進や昇格の機会は多くても年に数回程度であり、評価されたとしても、必ずしも年収アップにつながるとは限りません。

いますぐ給与を増やしたいという方にとっては、長期戦になるため適した方法とは言えないでしょう。

②空いた時間で副業をする

本業とは別に空いた時間を活かして副業で収入を得ることで、年収を増やすことが可能です。

ただし、本業に加えて仕事をすることになるため、体力的・精神的な負担が大きくなるリスクもあるでしょう。

本業に支障が出てしまっては本末転倒ですし、そもそも企業によっては副業を容認していないこともあります。

③資格を所得する

資格手当などの制度が職場にある場合は、資格を取得することで月々数千~数万円の給与アップが見込めます。

資格勉強はスキルとして身に付きますので、昇給や昇格への足掛かりにもなるため、資格取得は年収アップにつながりやすい方法といえます。

ある程度長期的に学習する意欲があるのであれば、現職に活かせる資格の勉強をしてみるのもおすすめです。

④投資をおこなう

株式などの資産をうまく運用することで、いわゆる不労所得を得ることもできるでしょう。

5%の利回りを実現したとしても、月1万円の利益を安定して上げるためには、200万円ほどの元手資金が必要となります。

一括で200万円となると金額が大きいので、先を見据えた積立投資から始めてみましょう。今は100円からでも積み立て投資ができます。

貯金の金利と比べても積み立て投資の方が15年後20年後には大きな資産になっている可能性が高いのでコツコツ積み立て投資をして年収アップに繋げましょう。

⑤給料の高い職場に転職する

誰でも実現可能で、最も確実に年収を上げられる方法は、転職による年収アップです。

職種や仕事内容は同じでも、職場を変えるだけで、月々数万円給与が上がるケースも珍しくありません。

また月給にそれほど違いがなくても、ボーナスのある職場に転職するだけで、年収が数十万円アップすることもあるでしょう。

20代の転職をサポートしてくれる転職エージェント

自分に合う仕事、職場が見つかるまでいろいろ試してみるのも良いですし、それをサポートし、親身に相談に乗ってくれるサービスもあります。

そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

そもそも転職エージェントとは、リクルートなど大手が運営する転職支援サービスです。

具体的には…
面接日程の調整給料アップ交渉など全部やってくれる
・「狙ってる企業の関連企業」や「受かりやすい企業」も探して対策もしてくれる
・企業から成功報酬を取るので転職者は完全無料
・家族や友人ではなく、エージェントは「一定の距離のある他人」なのでリアルな事情も相談しやすいです(実体験)

給料がアップするかどうか

結局、「その会社が儲かっているか」で給料アップはほぼ決まります(90%)
※「あなたの価値や努力」が残りの10%
→つまり、あまり儲かってない今の会社で必死にがんばるよりも、儲かっている会社を選んで転職するほうが年収100万くらいはあっさり上がります(実体験)

給与アップが確実なのはスカウトですが、スカウトされる人材になるためには経験と実績が不可欠です。私のスカウト体験はこちらの記事を参考にしてください。

2つのパターンで転職エージェントを分けて紹介します。

5社程度に登録して、話を進めながら3社位に絞ると効果的ですよ。(実体験)

転職の前に自己分析を徹底的に!!

あなたの自己分析とキャリア形成を徹底的に手伝ってくれる会社があります。POSIWILL CAREERという会社です。

POSIWILL CAREERは、就職・転職すること自体が目的なのではなく、「あなたがどう生きたいのか」の延長上に仕事があると考えています。仕事をしたりキャリアを形成していく上で、将来自分が本当に実現したいことが土台になっていることが大切なのです。

スクロールできます
会社名実績特徴詳細

POSIWILL CAREER
年収最大150万アップ実績
50社落ちていた方が第一志望だった企業に1発内定などの実績
キャリアの軸や強みを明確にすることが可能
マンツーマンで転職活動を支援するコンサルティングサービス
詳細を見る

休職中からリクルート、アクセンチュア、30社落ちから博報堂子会社への転職に導いた実績もあり、あなたの今後に光を見出せること間違いありません。

転職のポイントを抑えてから転職活動をすると成果が出るまでのスピードが速くなります。転職活動のポイントについてはこちらの記事を参考にしてみてください。

どの年代でも登録するべき転職エージェント3社

必ず登録しなければいけない転職エージェント3社があります。先ずはこの転職エージェント3社に登録しましょう。

登録サイト特徴サービス詳細

リクルートエージェント
転職支援実績No1
業界最大級の非公開求人数
「面接力向上セミナー」にも無料で参加可能
実績豊富なアドバイザーが在籍
詳細を見る

doda
転職者満足度№1
転職エージェント大手
応募書類のアドバイス
面接前後のきめ細かいフォロー
詳細を見る

マイナビエージェント
総合型の転職エージェント
あなたにマッチした転職
ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富
応募書類の準備から面接対策までサポート
詳細を見る
先ずはこの3サイトに登録

求人数を見ても、先ずはこの転職エージェント3社に登録をしておきましょう。

20代のための転職エージェント

20代という年齢を武器に転職を手助けしてくれる転職エージェントがあります。

特に初めての転職活動をする方にはおすすめです。

スクロールできます
登録サイト特徴サービス詳細

Re就活
20代が選ぶ20代向け転職サイト№1職種・業種未経験歓迎の募集求人数 約10,000件
20代に特化した転職イベントを多数開催
詳細を見る

キャリアスタート
35歳以下に特化第二新卒、既卒、フリーターの転職を徹底サポート
驚異の内定率86%を記録
詳細を見る

マイナビジョブ20’s
マイナビ唯一の20代専門サービス転職活動の始めから終わりまでサポート
非公開求人が80~90%
詳細を見る
20代が登録すべきサイト

一年間で転職してる人ってどれ位いると思いますか?

なんと、1年間で351万人です。

これは2019年のデータでして、過去最多です。総務省統計局より

みんな「より良い条件の仕事を探すため」に、どんどん転職しています。

初めての退職をサポートしてくれる会社

転職が決まるか、転職活動に専念したいなら退職をしなければいけません。退職は会社の同僚や友人にも言いづらいことです。退職で悩んでいる方は多いでしょう。

引き止められたら断れない方や、会社と揉めずにスムーズに退職したい方は退職代行サービスに相談してみてください。

特に、初めての退職で勇気がでない方は相談してみると良いです。

スクロールできます
登録サイトサービスの特徴返金制度対象となる方詳細

J-NEXT
【安価な費用】
税込み20,000円での
サービス提供は
最安値クラスです
退職できなかった場合は
返金致します。
男女年齢不問
仕事を辞めたい人
詳細を見る

男の退職代行
退職のご相談は無料です。
ご依頼後、追加料金は発生いたしません。
退職できなかった場合の「全額返金保証あり」男性詳細を見る

女性の退職代行
女性の特有の悩みに考慮し、辞めたいけど退職を言い出せずに苦しむ女性を退職ストレスから解放退職できなかった場合の「全額返金保証あり」女性詳細を見る
退職相談ならこの3社

退職代行サービスを利用せずに会社を辞められるのが1番良いですが、不安を感じている方は1度登録して相談をしてみましょう。

退職代行サービスはこちらで詳しく説明していますので、サービス内容を1度確認してみてください。

年収アップに近づく転職サイトと転職エージェント

数ある転職エージェントの中から、以下の3点を基準に、「総合評価の高い転職エージェント」をピックアップしてみました。

求人:求人の質・量は十分かどうか
提案力:求職者にぴったりの提案をしてくれるかどうか
サポート力:コンサルタントからの手厚いサポートを受けられるかどうか

おすすめの転職エージェントをトップ3だけお伝えします。悩むことなくどなたでも相談できる3社です。

スクロールできます
転職エージェント公開求人数 | ポイント
1位.
リクルートエージェント
求人数11万件
総求人数No1!選択肢を増やすなら登録必須
2位.
dodaエージェント
求人数9.0万件
業界大手のエージェント!地方転職にも強い
3位
マイナビエージェント
求人数2.5万件 
選考アドバイスが的確、はじめての転職におすすめ

各転職エージェントの特徴を詳しく紹介します。

1位.リクルートエージェント

リクルートエージェントは、求人数No.1の総合転職エージェントです。

公開求人は161,025件、登録者のみ閲覧できる「非公開求人」を合わせると399,526件の求人を扱っています。

業界最大の転職支援実績があり(厚労省「人材サービス総合サイト」より2019年実績)、サポートも充実しているので、転職を検討しているなら必ず登録すべき1社です。

2位.dodaエージェント

dodaエージェントは人材大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営する、業界最大手の転職エージェントです。

提案力・求人数ともにトップレベルで、かつ「悪い口コミ」も見当たらず、担当者の当たり外れが少ないエージェントだと言われています。

3位.マイナビエージェント

『マイナビエージェント』は丁寧なサポートがウリの20代向け転職エージェントです。

ただ、コロナによって若年層向けの求人数が大きく減ってしまったことから、口コミ評判もネガティブな内容が増えてきています(2020年~)ただし、扱ってきている企業は素晴らしい企業ばかりです。

上記に記載した3社には登録を忘れないようにしましょう。

あなたの悩みを解決する手助けになる本

社会人になると、仕事や会社そして周りの人に振り回されてしまいます。

それを社内の誰にも相談できないし、社内で誰かに相談すると更に面倒なことになりかねません。

そんなときは、著書にて方法を探りましょう。

自分自身の知識向上や、新しい考え方を見出すための著書を少しですが紹介します。

私を振り回してくるあの人から 自分を守る本

相手に嫌な印象を与えずに、これ以上踏み込まれない方法を教えます。

43の心得・振る舞い方があるので、できそうなものから始めてみてください。

あなたの振り回され体質が変わります。

この会社ムリと思いながら辞められないあなたへ

転職先が決まっていない・収入がなくなる・自分がダメだから……としがみついても、会社はあなたを助けてくれません。

「今すぐにでも会社を辞めたい」という人から「いずれは退職するかもしれないけど、今は会社との付き合い方を知っておきたい」という人まで、楽しく読める1冊です。

ストレス社会で「考えなくていいこと」リスト

人や環境に振り回されないで!「考えなくていいこと」はたくさんあります。

「嫌いな人が身近にいる」「計画通りに進められない」「失敗したらどうしよう」など、ストレスの多い社会のちょっとした日々の悩みも、共感できるイラスト漫画で紹介されています。

コミュニケーションが取りにくくなっている人間関係や環境に振り回されず、考えすぎないで仕事と向き合っていけるヒントを産業医であり精神科医の井上智介先生が、わかりやすく説いていきます。

最後に

ここまで、20代の平均年収について解説しました。

20代の平均年収は男性は279万円で、女性は264.6万円です。

女性が結婚したい理想の平均年収はこちらの記事で確認してみてください。

自分の年収が20代の平均年収よりも低いために転職を考えている方は、年収アップに強い転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

・今すぐに仕事の環境を変えたい方は転職エージェントの記事を読んでプロのエージェントに相談してみてください。

・今働いている会社を辞めて今後を見つめたい方は退職代行サービスの記事から退職のプロに相談してみましょう。

20代のうちに年収アップを図ることで、その後の年収も大きく変わっていきます。

間違っても悲惨と思える年収で満足しないでください。

あなたの年収が平均以上になり、更なる高みにのぼっていくことを祈っています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる