転職の方向が固まらない方必見!転職を考えるときのポイント4点

職場での人間関係に悩まされたり、自分には合わない仕事だと気づき、職場を変えたいと思ったことありませんか?

しかし、いざ転職しようとしてもどのような仕事が自分に良いのかわからないという方も多いと思います。そうして流れに任せてとりあえず転職して後悔する…なんてことにはなりたくないですよね?

転職活動で失敗しないためにも、転職の方向を固めることは大切なポイントです。今回は、転職の方向性を定めるヒントを4つ紹介していきます。

この記事を最後まで読むと自身の方向性がいかに大切かがわかります。転職で悩んでいるかたは最後まで読んで参考にしてください。

この記事はこんな人におすすめです
  • 転職活動で悩んでいる人

  • 自身の方向性に悩んでいる人

  • 今の仕事が自分に合っていない人

  • 自身の強みが欲しい人
目次

転職の方向が固まらないのはなぜ?

転職したいという気持ちはあるはずなのに、方向性が定まらないのはなぜなのでしょうか?考えられる例を2つご紹介します。

転職する理由が明確でない

1つ目に考えられるのは、転職する理由がはっきりとしていないことです。その時の気分だけでなんとなく「違う会社で働きたい」と思っているだけでのとりあえずの転職活動では、方向性は固まりません。

「どうして自分は転職したいのか?」が明確でなければ、自分が次にやりたいことや、どのような企業を求めているかがわからないので、転職の方向性が定まらない原因になります。

焦って早く転職したい気持ちになる

転職活動中の自分の気持ちも、方向性が定まらない原因の1つになり得る可能性があります。最初は自分の求める企業を受ける気持ちがあっても、内定が中々貰えないと気持ちは徐々に焦ってきますよね。

そうなると、「自分が行きたい企業に就職する!」という気持ちが「どこでも良いから早く内定を貰いたい」という気持ちに変化し、当初の目的と異なる転職活動になり、方向性がバラバラになってしまいます。

転職をするメリットに関してはこちらの記事が参考になります。

転職の方向を決める時のヒント4点

それでは、実際に転職の方向性を固めるにはどうすれば良いのか?転職活動で方向性を見失っている方のために、転職の方向性を決めるのを助ける4つのヒントをご紹介します。

転職の理由をはっきりさせる

まずは転職する理由を自分の中で明確にしましょう!先ほども言った通り、理由がはっきりしていないままだと求める企業が分からず、流れで転職してしまう可能性もあります。

それを防ぐために、なぜ転職したい気持ちになったのか振り返りましょう。必ずきっかけはあるはずですので、そのきっかけをよく考えると理由がわかってきます。

人間関係がきっかけの人もいれば、自分には苦手な業務が多かったと感じる機会があった人など、様々なきっかけで転職を考えると思います。些細なことでも、転職を考える十分な理由になるので、「それを改善するために転職する!」という思いを持てば自然と方向性も固まってきますよ。

将来どのような仕事をしていたいか思い描く

未来の自分を考えることも、転職の方向性を決めるのを手助けします。すぐ先の未来ではなく、5年後や10年後など長期的な将来を考えた時、どうなっていたいかを考えましょう。

例えば、とりあえず年収を上げたいといった何となくのイメージよりも、事務職のエキスパートになりたいというような、より具体的な目標だと転職の方向性は固まりやすくなります。キャリアプランを考えるなど、長期的な目標までのステップを計画するのも良い影響を与えますよ。

嬉しかったことや楽しかったことを思い出す

目標が見つからないという方は、自分が嬉しかったまたは楽しかった出来事を思い出してみましょう。褒められたこと、やっていて楽しかったことを振り返ることで、自分に向いている仕事ややりたいことを見つけるヒントになります。

仕事だけに限らず、自分の人生の中の出来事を考えることで、無意識に得意だったことや好きだったものも見つかるかもしれません。

自己分析の一種ではありますが、自分のすべてを分析するのはどうもめんどくさいという人は、嬉しかったこと、楽しかったことを思い出して転職の方向性を決めるヒントを探しましょう。

どうしてもやりたくない仕事を挙げる

自分がやりたいことからアプローチするのではなく、最初から条件を決めてしまうのも転職の方向性を定めるヒントになります。

積極的にやりたい仕事がなくても、苦手な仕事ややりたくない仕事は誰しもあると思います。「この仕事だけは避けたい」というものがあるだけでも、方向性を十分絞れますよ。

どうしてもやりたいことが見つからない人や、自己分析が苦手という人は、まずは条件を絞ってみてはいかがでしょうか。

自身のみではなく、一度カウンセリングを受けることもおすすめします。無料のカウンセリングで自身の強みができれば、十分な武器になりますよ。無用カウンセリングはこちらの記事が参考になります。

まとめ

今回は、転職の方向性が固まらない方に向けて、転職の方向性を定めるのを助ける4つのヒントを紹介しました!以上をまとめると、

転職の方向性を固めるのを助けるヒント4つ

①転職の理由をはっきりさせる

②将来どのような仕事をしていたいか思い描く

③嬉しかったことを思い出す

④どうしてもやりたくない仕事を挙げる

いかがでしたか?転職の方向性が決まらないのには理由があるので、まずはその理由を見つけましょう。見つけたら、それを解決できるようにヒントを参考にして転職の方向性を徐々に絞りきましょう。

最初はバラバラの方向性だった方も、焦らず自分を見つめなおすことで、きっと方向性が定まってきます。皆様の転職活動が成功するようにお祈りしています。

私も転職回数が3回ありますので、自身を見つめてから転職活動を行う大切さが分かります。自己分析ができていることを武器の一つにして転職活動を行いましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる