転職をしたい人必見!今の仕事を辞めるべきか意思を確認する方法!

あなたは今の仕事やめて、転職したいと考えていますか?「今の職業があっていなくて、精神的にきつい」、「給料が安くて違う仕事に就きたい」と考えている人は多いと思います。でも中途半端な意思では、次の仕事先でも同じ思いをしてまた転職となっては悪循環です。

転職したい気持ちが出てくる原因として、人間関係、給料が安い、就業条件の3つが見られます。

この記事では、転職に踏み切れず迷っている人に対して、他の人はどのようにして意思確認をしているのかの方法についてまとめたので、参考にしてみてください。

この記事はこんな人におすすめです
  • 職場の人間関係で悩んでいる人

  • 今の職場の給与に不満がある人

  • 今の職場にブラック企業の要素があると感じている人

  • 転職を考えている人
目次

人間関係が悪い場合の転職の意思確認方法

職場で働いていると、相性が悪かったりや話があわない人が1人や2人はいると思います。人間関係が原因で悩んでいる場合の意思確認方法は、10年後も同じように考えて働いているのか?という風に考えてみてください。職場の異動がある会社であれば、あなたが異動もしくは相手が異動することにより、この問題は解決できる可能性はあります。

今が辛い。転職したいと、そこですぐに転職となってしまっては、次に転職したところでも同じ悩みで頭を抱えてしまう可能性があります。あなたがいる会社に異動があるのであれば、今が踏ん張り時と考えてこらえるのも1つの手です。

もし異動がない職場の場合は、上司に相談してみるのも問題を解決できる1つの手です。このときに注意するのは、ただ相談するのではなく、具体的な解決策を持ち出してあげるとあなたの問題点を早めに解決できる可能性があります。 例えば同じ部署の場合、違う仕事にしてもらい、問題の相手となるべく関わらないようにしてもらいたい。席を少し話してもらいたいと提案してみるのも1つの手でしょう。

社会で付き合ってはいけない人を解説した記事はこちらからどうぞ。

給料が安く納得ができない場合の転職意思確認方法

給料が安く納得できない場合の意思確認方法として、こちらも10年後も同じ給料なのか?と考えてみましょう。

この場合の確認方法として、先輩や上司から情報収集する場合と転職サイトであなたの会社の口コミを見る2つの方法があります。

確認方法2つ
  • 先輩や上司から情報収集する場合
    このときの情報収集として、普段の他愛のない話から、あなたの普段の給料について話をします。給料が安いと単刀直入に言っては同調されるか慰められるかで終わる可能性があるので、入社してからどれくらい給料があがったのか?を聞き出します。
    中にはぼちぼちかな?とあいまいな回答がありますが、さらに深堀りしてみましょう。答えを聞き出し、理想としている給料が10年後に得られるのかをここで回答が得られるはずです。

  • 転職サイトで確認する方法
    今は色んな会社の口コミサイトがあります。実際に使用して参考にできたのが、open work(https://www.vorkers.com/my_top)、転職会議(https://jobtalk.jp/)です。ここでは現役で働いている人や退職した人が、会社の口コミや給与の書き込みがされています。
    今回の場合給料なので、給料の項目を確認します。平均年収が出てくるので、あなたの現時点での年収と比較。または、他の方の口コミでの記載で年齢も書いてあるので、歳が近い人のを参考に見てみてください。アドバイスも見れるので、参考にしながら転職の意思確認をするといいと思います。

就業条件が悪い場合の転職の意思確認方法

就業条件が悪い場合の意思確認はどうすればいいのでしょうか?

確認方法として、離職者が過去にどれくらいいるのか?残業時間が毎月どれくらいあるのか?の2つを確認するといいでしょう。

1つ目の離職者がどれくらいいるのか?の確認方法として、経理や事務の方にお話をふると答えてもらえる可能性はあります。いきなりこの話をふると答えてもらえないので、最初はあたりさわりのない話をします。話の流れで会社の雰囲気を話題に出し、離職者がどれくらいいるのか?という情報を聞き出すのも1つの手です。

もう1つの方法として、残業時間が毎月どれくらいあるのかを確認してみてください。大手転職サイトdodaでのアンケートでは、月の平均時間が24.9時間と出ています。この時間と比べてみて、24.9時間をはるかに上回る数であるのかを確認します。

就業条件で悩んでいる場合は、あなたが所属している業種の平均時間、ライバル会社の残業時間を先程紹介したopen work(https://www.vorkers.com/my_top)、転職会(https://jobtalk.jp/)で調べてみるといいと思います。

ホワイト企業の分かりやすい考え方はこちらの記事が参考になります。

まとめ

今回は、人間関係、給料、就業条件の3つそれぞれの転職の意思確認方法について書いてまとめました。

人間関係での意思確認方法として2つ。
・異動がある会社であれば、あなたか相手が異動するまで待つ

・上司や同僚に相談

給料が安く納得ができないときの意思確認方法として2つ。
・上司や同僚から情報収集

・転職サイトで自社の平均給与の確認

就業条件が悪い場合の意思確認ほうほうとして2つ。
・離職者がどれくらいいるのか?

・残業時間が毎月どれくらいあるのか?

どのようにして問題を解決すればいいのか?それでも解決できない場合に、転職という流れが理想です。問題にぶつかりすぐに転職ではなく、その問題が10年後には解決できるのか?という風に考えるといいと思います。

転職するということは、給料も周りの人間も全てが変わるので、じっくりと考えて答えを導き出してみて下さい。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる