メーカーってホワイト企業なの?ポイントはこれ!

仕事は業種によってさまざまありますが、どの業種にもメーカーは存在します。

メーカーはあまり表に出ていく機会が少ないので実際の仕事の内容も分からないことが多いでしょう。

実際の仕事時間はどうなのか?メーカーはホワイト企業なのか?を解説します。

ヤモリン

これは気になる人が多い内容だね

ホワイト企業を判断する時のポイントも説明します。

私が着目するポイントを1つお教えします。これが分かればホワイト企業を選ぶ基準ができるでしょう。

そんな役立つ情報を今回はお話します。今の企業に不満を抱えている人は必見です。

この記事はこんな人におすすめです
  • メーカーの仕事時間が気になる人

  • ホワイト企業での勤務に興味がある人

  • 転職を考えている人

  • 今の仕事と比べてみたい人

それでは最後までお付き合いください。

目次

メーカーがホワイト企業なの?

日本には各業界のメーカーが存在します。

ホワイト企業と聞くとメーカーを思い浮かべる人も多いでしょう。

でも、けして「メーカー=ホワイト企業」ではありません。ホワイト企業を目指しているメーカーもあれば、独自路線を目指しているメーカーもあるのです。

どんな会社がホワイト企業?

ホワイト企業とは、福利厚生の充実離職率の低さなど、働く上での環境のよさから、世間から高い評価を受けている企業のことです。

項目ごとの取り組みについて
  • 平均勤続年数が長い・平均年齢が高い
    平均勤続年数が長いということは、裏を返せば離職率が低い企業です。長く勤められるということは、職場環境がよいことを意味しています。
    例:職場内に残業が奨励されない雰囲気があり、業務の進め方が効率的な環境


  • 残業が少ない
    残業が少ないと、従業員の心身の健康やモチベーションの維持につながります。このような企業では従業員からも評価が上がる傾向にあります。

  • 福利厚生が充実している
    福利厚生には法律で義務づけられている法定福利厚生と、企業が任意で提供する法定外福利厚生があります。ホワイト企業では、雇用保険や健康保険など「社会保険料」を企業が負担する法定福利厚生だけでなく、各種休暇制度や、住宅手当、勤務制度など、企業独自の福利厚生サービスが充実しています。働きやすい環境づくりに積極的だと言えます。

ホワイト企業では、「いい会社だね」と他の人から言われるポイントが多いのです。

ホワイト企業と言われる会社にメーカーが多く入っていることから、「ホワイト企業=メーカー」という考え方が定着しているのでしょう。

しかし、どんな業種であれホワイト企業を目指している会社は確実にあります。

ワークライフバランスを考えて長く働こうと思うのであればホワイト企業を目指してみるのも選択肢のひとつです。

ヤモリンの働いている会社はホワイト企業?

私が働いている会社もホワイト企業と言えます。

地方の小さなメーカーですが、上記に記載してある項目のほとんど(1部を除いて)が当てはまっています。すべてが揃っているのは大手の企業でしょう。これは資金力の違いが大きく出てしまいます。

自分がどこを重視して職場を選んでいるかが重要です。

休暇制度の充実望む人と、保養施設の充実を望む人、日々の残業が無い会社を望む人、このように細かくポイントが分かれますから自分の望むべきポイントは絞っておくと良いでしょう。

ヤモリン

ヤモリンは残業無しと休暇です

どの会社も人が集まって出来ていますから、人間関係には注意が必要です。

私の経験上からすると、商社などを経験してメーカー勤務になる方がメリットを感じやすいと思います。

働くにおいて求めるものは年齢と共に少しづつ変化をしてくるからです。

何事も考え方次第なのです。自分がメーカーに合うのかどうかですから。

ホワイト企業を選びたいならココがポイント

ホワイト企業を見抜くポイントは知っているでしょうか?

たくさんのポイントがあるので、どこに注意すれば良いか迷ってしまう人も多いと思います。

ヤモリン

大切なポイントはこれ

わたしがおすすめする「注目すべきポイントは掃除の時間」です。

掃除の時間
  • ホワイト企業
    自分のデスクや社内のクイックルワイパー掃除などが始業時間後に行われている。会社をキレイにすることは会社の仕事と理解している

  • ブラック企業
    入社すると会社の掃除は始業前に早く出社してやるものという意識をつけられる。出社時間は早くなり身体への負担にもつながる。しかし、当然のように賃金は発生しないので無償の奉仕作業になっている

ホワイト企業を見つけるうえで「時間」に注目する人は多いでしょう。

「時間」という考え方が会社のためになることは仕事内の時間で考えられているのは間違いなくホワイト企業だけです。

どの会社も少なからず掃除をしています。簡単におこなっている会社もあれば、ガッツリ行っている会社もあります。

ぜひ、掃除をしている時間に注目してホワイト企業かどうかを見分けてください。

会社に直接聞くことができない人はこれ

自身で直接聞くことが苦手な人もいるでしょう。

転職活動や就職活動では自分の苦手な部分が出てきて当然なのです。

万能な人は存在しませんから。

そんな時は、転職活動や就職活動の見方をしてくれる転職エージェントを活用しましょう。

転職エージェントに聞いてもらうことで間接的に情報取集してしまいましょう。

仕事も生活も苦手なことは得意な人にまかせるのが一番です。

普段から自然に行っていることですから、企業に転職エージェントから確認してもらいましょう。

確認することは転職エージェントにとっても新しい知識になるので嫌な仕事と感じずに行ってくれます。

自身が苦手なところを補ってもらうためにも、転職エージェントは利用価値が高いと言えますよ。

自のキャリアが明確になっているか

自身のキャリア自体が明確になっていないと流されて仕事をしてしまいがちです。

自分を自己分析できていると進むべき方向とやるべきことが明確になるため、個人の強みになります。

自身と向き合うことは難しいことですが、これから先を見つめるためにも自身のキャリアを明確にすることが重要です。

自身のキャリアに悩んでいるならこちらの記事を参考にしましょう。

まとめ

ホワイト企業とは何か、ホワイト企業を見抜くための重要なポイントを一つ紹介しました。

ホワイト企業を見抜きたいなら、「掃除の時間が仕事内の時間に組み込まれているか?」に着目して転職活動や就職活動を行いましょう。

そして、聞きにくいことを聞いてもらえる転職エージェントを利用することで活動のはばが広がります。

自身だけの視野ではなく、多方面の知識を組み込んでよりよい会社と巡り合う努力をしましょう。

きっと、あなたに合ったホワイト企業に出会えることでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

おわり

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる