会社がイヤで行きたくない方 無理はしないで 選択を考えてみましょう

会社になぜか行きたくないと思ったことはありませんか?

上司がイヤとか仕事がイヤとか会社がイヤなど、理由は様々だと思います。

派遣会社で8年間営業をしてきました。面接・派遣従業員・クライアントと多くを見てきた経験から、会社に行きたくないと感じたらどういう選択肢があるのかをお教えします。

ヤモリン

悩んでいる人は必見だね

8年間で2000人以上の人と関りを持ってきました。実体験を元にお話ししますので、最後まで読んでいただければ進む方向性が見つけられます。そして見つけたら必ず行動してみてください。行動は今の状況を変える第一歩であることを忘れないでください。

この記事はこんな人におすすめです
  • 今の状況に迷いがある人

  • 今の会社に不満がある人

  • 精神的につらい思いをしている人

  • 前に進みたいと思っている人

それでは最後までお付き合いをお願いします。

目次

会社に行きたくないと思ってしまう原因

なぜ行きたいくないのかを見つめてみましょう。

会社の存在がキライ

今の会社に入って仕事をしてみると、外から見えない部分が多く見えます。見えてしまったがゆえに勤め先の会社がどんどんキライになってしまった。考えれば考える程に行きたくなくなるという方。これは会社の存在自体がキライもしくはキライになってしまったことが原因です。

会社の仕事がキライ

今やっている・やらされている仕事が思っていた内容と違う。雑用ばかりでやりがいを感じる内容の仕事ではない。最初はキライではなかったが、部署移動で他部署に行くことで仕事内容が変わったなどの社内事情により仕事の内容がキライになってしまった方。仕事の内容は熟練度や責任感やスキルによって変わりますが、仕事内容が合っていないことが原因です。

人間関係がキライ

イヤな人がいる・疎外感かあるのでギクシャクしている・悪口、陰口を言われる・もともと人と関わりたくないという内容が多いのではないでしょうか。人間関係はもっとも多く起こる問題です。会社は人と関わりを持たずに仕事をする事が不可能なので、どの会社でも起こりうる原因になります。

どれも問題として起こりやすいのですが、続けることと変えることの線引きを設定してみることをオススメします。ここまでは我慢する、これをされたら続けないなどの自身での線を決めておくと良いです。

特に人間関係に悩んでいるならこちらの記事を参考にしてみてください

会社がイヤでどうしようもない時の選択

相談をする

上司、同僚に相談しましょう。相談を聞いてもらう事で気分がスッキリとする事もあります。何かを変えてもらいたのであれば力のある人に相談しましょう。変えてもらいたいのに変えられない人に相談しても効果がでません。そして行動しないと何も変わりません。

転職を考える

会社は1つではありません。会社を選択し直すことで環境も人間関係も変わります。どの会社も違う色と違う人員ですから、その会社に執着する必要はないのです。転職は転機になります。それを好機に変える事が出来ますから、転職を選択して会社と仕事を変える事で考え方も変えましょう。

(エンジニア転職なら登録はこちら)



(不動産業界転職なら登録はこちら)



(グローバルな転職を目指すなら登録はこちら)



(とりあえずカウンセリングを受けたい人はこちら)


20代の方はこちらの2サイトにまずは登録しよう

マイナビジョブ20’s

就活生向けキャリアイベント実施中【dodaキャンパス】



退職を考える

一旦は今の会社を辞めて自分を見つめ直す時間を取りましょう。無理をしすぎて自分自身を追い込むことを続けるのは良くありません。こころを休める期間を取って心身ともにリフレッシュしましょう。見えなかったことが見えるようになるでしょう。

また、自分で言いだしにくい会社や退職を快く思わない会社も存在します。自分だけで解決しようとせずに、まずは相談するようにしましょう。退職には退職のプロがいます。任せるだけで解決できますよ。

これから4つの会社を紹介します。まずは相談して先に進みましょう。

(退職を手伝ってほしい男性の相談)


(相談相手が必要な女性の登録はこちら)


¥20,000円でサクッと退職代行!退職スターターキット進呈中


(退職と転職のサポートがほしい方の登録はこちら)


会社は何を求めているか

会社はトップダウンのところを少なからず持っています。それでも個人からの発信を求めています。個人からの発信は会社として見えていない部分の事であると知っているのです。提案をする人としない人では会社にとっての価値が違います。今を変えたいのであれば提案を発信してください。会社は社員に求めているのは第一に提案の発信です。提案が通るも通らないも発信する前に決めないことを最優先に考えましょう。それよりも通る為の工夫と内容を見直すことに力を入れましょう。

自己分析をしてみよう

自身と向き合って自己分析をしてみましょう。

得意や不得意、今後のキャリアなどを自己分析することで周りに流されないで仕事に就くことができます。

一旦立ち止まってみることが、今後の自分を大きく進めることになるかもしれません。常に進むために一旦立ち止まることの大切さを理解しましょう。

自身での自己分析が難しい人はこちらの記事が参考になります。

まとめ

読んでいただいた通り、原因があるからこそ悩みに繋がっていると思います。

ポイント
  • 原因を考えて明確にしてみる

  • まずは今の会社を続ける方法を考えてみる
    どちらにせよ、何かをやってから辞めても遅くはない

  • 退職や転職を考える
    退職は退職のプロに転職は転職のプロに相談しましょう

まずは冷静になり少し分析をしてみましょう。その後にやれることを考えましょう。やれることをやらないままが後悔に繋がります。辞める事はいつでもできますが、続けることは今この時しか出来ません。辞める選択は最後まで取っておきましょう。労働者は仕事を選べます。なぜなら職業の自由は労働者にあるからです。労働者は労働法に守られています。これを第一に知る事が重要です。ただし、自分だけが守られているのではなく、会社も法律に守られています。どちらも共存をしてこそ未来があるのです。妥協はどちらも必要です。打倒であってはいけないのです

ヤモリン

お互い歩み寄ることが重要だね

自分だけで悩まずに周りに言えないときは、その道のプロに話をしてみてください。真剣に相談に乗ってくれるし、向き合ってくれます。友人や親族とは全く違う感覚に気付くと思います。登録して相談してみる事が第一歩目です。

転職や退職については別の記事で書きたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

おわり

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる