仕事のやりがいは何?職業が合っているのかの見極め方!

あなたは今の仕事にやりがいをもって働いていますか?

仕事をしていて、自分にあっているのかな?と不安に感じる人がいると思います。世の中の人は、どのようにしてやりがいをもって働いているのでしょうか?

この記事では「仕事のやりがい」についての考え方をまとめます。あなたにとってこの仕事は本当にあっているのかを考えてみましょう。また、仕事選びに対しての取り組み方について紹介します。

この記事はこんな人におすすめです
  • 仕事の内容で悩んでいる人

  • 職業で悩んでいる人

  • 今の現状に満足していない人

  • 仕事を選びなおしたいと思っている人

それでは最後までご覧ください。

目次

仕事にやりがいを持って働いている?

仕事にやりがいはありますか?という話をよく耳にしますが、やりがいってなんでしょうか?

簡単に言うと、「やった!」という達成感があるかどうかというもの。今の自分にはこの達成感はあるのかな?と疑問に感じた人は、下にやりがいがある人とない人の働き方について書いたので、照らし合わせて見て下さい。

やりがいがある人の働き方

やりがいがある人の働く姿にはどんなものがあるのでしょうか?特徴を以下の4つです。

・自分の興味が仕事とマッチしている


・希望通りの給与がもらえている


・会社やチームに貢献できていると実感できる


・役職などの希望の待遇がある

それぞれ書いていきます。

やりがいのある人
  1. 自分の興味が仕事とマッチしている
    興味がある内容が仕事とあっているとやりがいを感じやすくなります。
    例えば、ここの内容は他にもあるのでは?と更に深堀りして知識を増やそうと行動を起こします。結果、頭の中の引き出しが増え、仕事への対処方法も増えるのでスムーズに仕事をこなせるようになるため、やりがいを感じやすくなります。

  2. 希望通りの給与がもらえている
    給料というのは、自分の価値を金額で表す指標の1つ。日頃の自分の働きが給与に反映されていれば、さらに頑張るぞ!とモチベーションも上がります。

  3. 会社やチームに貢献できていると実感できる
    上司や周りから褒められると、自分の存在価値があると実感し、やりがいを感じやすくなります。
    自分のしていることが認められると、達成感がありやりがいを感じやすくなります。

  4. 役職などの希望の待遇がある
    自分の働きを認められ、昇進することによってやりがいを感じやすくなります。

やりがいがない人の働き方

やりがいがない人の働き方にはどのようなものがあるのでしょうか?以下の4つにに特徴をまとめました。

・目標がない


・ミスが多い


・仕事が評価されない


・環境が悪い

それぞれを説明します。

やりがいがない人
  1. 目標がない
    仕事をする上で、ダラダラとしていても作業ははかどりません。目標や期限を定めていない人はやりがいがなく働いて人に見られる傾向があります。

  2. ミスが多い
    ミスをすると、なぜそのようなミスをしたのか?今後ミスをしないように対策をたてます。ミスが多い人は、対策を立てても忘れてしまったり、集中力が低下しているときいに見られます。
    ミスが多くなるとやりがいが見つからず、更にミスという悪循環に陥りやすくなります。

  3. 仕事が評価されない
    自分は一生懸命やっているのに、見向きもされない。と憤りを感じている人も多いはず。仕事が評価されないと、次も頑張るぞ!という気持ちが湧き上がらず、やりがいを見つけられないです。

  4. 環境が悪い
    チームや会社全体が1つのことに向かって突き進み、皆で頑張ろう!という気持ちがない場合もやりがいを感じられない原因の1つです。
    またライバルがいない環境だと、張り合いが出ず、淡々と仕事をこなす状態になるので、これも環境が悪い内の1つと言えます。

職場で輝く人はどんな人なのかはこちらに記事が参考になります。

今の仕事にあっていないときの見極め方!

今の仕事にあっていない。やりがいを感じないと思う人の対処方法として何があるのでしょうか?

先程のやりがいがない人の特徴4つ

・目標がない

・ミスが多い

・仕事が評価されない

・環境が悪い

とそれ以外にできることについて書いていきます。

やりがいがない人がやりがいのある人に変える方法

やりがいを感じる!というのは自分自身の心構え1つで変わります。どのようにやりがいを感じやすくなるのかを、やりがいを感じない特徴を用いて解説します。

目標がないを改善

目標がないと、ダラダラと過ごしがち。ここでいう目標というのは小さな目標のこと。例えば、この仕事を○時までに終わらせたら、帰りにデザートを買う!とか目標が達成できやすいものを立てて上げると、やりがいを感じやすくなります。

大きい目標をたてるのも大事ですが、小さな目標をこなすほうがモチベーションも上がり、やりがいを感じやすくなります。

ミスが多いを改善

なぜミスをするのかを考えます。どうしてそうなったのか?その事例について対策をして、それでもミスをするようなら違う対策。それでもダメな場合は、周りや上司に相談してみるといいでしょうあ。

ミスが少なくなると、自信が出てきてやりがいを感じやすくなります。

仕事が評価されないを改善

仕事を評価されないとモチベーションも上がりませんよね。上司から来ない場合は、自分から上司に歩み寄り、自分を見てもらうというのも1つの手です。

受け身で評価されないのであれば、自ら赴く積極性も大事になります。

環境が悪いを改善

自分1人で動いて、周りを動かせるには限界があります。ここでいう環境が悪いのを改善というのは、自分の中で「この人だけには負けない!」というライバルを見つけることです。

ライバルに負けないように対策を立て、ライバルに勝ったときにやりがいを感じやすくなります。

仕事の選択についてはこちらの記事が参考になります。

まとめ

今回は自分に仕事が合っていて、やりがいを感じるか?について書きました。

やりがいを感じて働いている人の特徴として4つ。

・自分の興味が仕事とマッチしている


・希望通りの給与がもらえている


・会社やチームに貢献できていると実感できる


・役職などの希望の待遇がある

やりがいを感じない人の特徴として4つ。

・目標がない


・ミスが多い


・仕事が評価されない


・環境が悪い

やりがいを感じない人の特徴の改善についてもお話をしました。

少しでも今の仕事にやりがいを感じられるようにしていきたいですね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる