【仕事の悩み】今の会社でいいか迷っている時の主な3つの外的要因

「このまま今の会社でいいのか不安」という気持ちの裏側には、さまざまな要因があるかと思います。仕事に対するモチベーションを維持するために努力も大切ですが、自分ひとりではどうすることもできないこともあります。

それは、職場の雰囲気や労働環境、会社の業界としての将来性などの外的な要因が考えられます。例えば、職場の上司とそりが合わない、長時間仕事をしなければ満足のいく収入が得られない、今後世の中から必要とされない仕事になるかもしれないなどの理由です。

ヤモリン

職場の悩みは人それぞれだね

今回は、今の会社でいいか迷っている原因となりうる3つの外的要因についてお話したいと思います。ご自身の仕事環境で当てはまる点がありましたら、その対処法も是非ご参考ください。

この記事はこんな人におすすめです
  • 仕事で悩んでいる人

  • 職場のことで悩んでいる人

  • 今後を考えたい人
目次

要因①人間関係など職場の環境

1日の大半を仕事に従事する人にとって、職場の環境が良くないことは大きな悩みです。仕事を進める上で、上司や同僚、部下、他の部署との円滑なコミュニケーションは必須です。

挨拶や丁寧な言葉遣い、遅刻や無断欠勤をしないなど最低限のビジネスマナーをしっかり守ることも大切です。しかし、人間同士の相性の良し悪しはどうすることもできません。常にピリピリした雰囲気の職場に対してストレスが続くのであれば、社内の違う部署や部門への異動を会社の人事部に相談してもよいでしょう。

ただし、職場内でパワハラやセクハラ、無理な仕事を押し付けられたり、無視や陰口などの虐めがあるような場合には、適切な対処が必要です。特にパワハラやセクハラは犯罪行為です。社内に相談窓口がない場合は、行政の相談窓口へ問い合わせることをおすすめします。

各都道府県労働局には「雇用環境均等部」という機関が設置されています。また、会社や行政がなかなか対処してくれない場合には、NPO相談窓口や直接弁護士に相談するとよいでしょう。

人間関係の悩みはこちらの記事が参考になります。

要因②労働時間など就業の条件

今の会社の就労条件に納得がいかない人も少なくないのではないでしょうか。希望通りの休日や有給休暇を取得することが困難であったり、サービス残業が当たり前である会社もまだまだ多いようです。一方で、長時間働かなければ生活に十分な収入が得られないという人もいるかもしれません。

しかし、結果的に長時間労働することで、最悪な場合は資本である身体の不調や、精神的な病に陥ることもあるので注意が必要です。

労働基準法では、労働時間と休日の原則として以下のように定めています。

・使用者は、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません


・使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければいけません

これは原則とあるように、限度付きの時間外労働協定などの特例が認められているのが現状です。しかし、法外な長時間労働を強制されたり、サービス残業などで給与が支払われないなどの場合には、速やかに労働基準監査署に相談するようにしましょう。

また、近年国が進める働き方改革やテレワークの普及によって、自分の好きな場所・時間で働くという選択肢が増えました。これは、仕事だけでなくプライベートの時間も大切にできるライフワークバランスの実現につながります。

要因③今の会社の将来性

会社の将来性を考えると、今後の成長は期待できないかもしれないという不安の声もあるようです。会社が存続していくためには、世の中の多くの人に必要とされていて、その業界のモノやサービスがよく売れていることが大切です。そして、その需要が将来的に続くのか、さらに拡大しそうかを考慮した経営戦略も重要です。

働く側にとっては、長期的な成長を期待できる会社を見極めることが、仕事を長く続けることができるかの大切なポイントていえるでしょう。

ヤモリン

会社を見極めることは大切だよ

近年急成長とみせている業界は以下の通りです。

・IT・メディア:ソストウェア、インターネット、モバイル、ネット広告

・流通・卸・小売:ドラッグストア、ディスカウント、リサイクル

・生活・雑貨・美容:インテリア

・サービス:介護、コンサルティング

業界に関してはこちらの記事が参考になります。

業界の市場規模や動向を分析できる力は、今の仕事でいいか、それとも辞めるのかを決める指針になるのではないでしょうか。世の中の流れとともに人々の「欲しい」は変化するため、常にアンテナを張っておくことをおすすめします。インターネット上で簡単にリサーチできるサイトはこちらです。

【帝国データバンク】

https://www.tdb.co.jp/report/index.html

【業界動向サーチ公式HP】

https://gyokai-search.com/

まとめ

仕事に対する悩みはつきものですが、今回は「このまま今の会社でいいのか」という不安に対して、自分だけではどうすることもできない要因を3つご紹介しました。職場の環境と労働の条件、そして業界の市場動向です。

今の環境を自分でより良くすることが難しいのであれば、理想の仕事環境を自分で選ぶしかありません。どんなメンバーが揃ったどんな雰囲気の職場がよいのか、仕事もプライベートも充実させるためにどんな働き方や職種があるのか、どんなモノやサービスが世の中に必要とされていてどのくらいその需要が続きそうなのか。考えるポイントは山ほどあるのではないでしょうか。

ただし、職場の環境や労働の条件について、パワハラやセクハラ、長時間労働やサービス残業の強制などのトラブルがある場合は、早急に適切な機関へ相談しましょう。

ご自身が満足のいく会社や仕事に出会えることを祈っています。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる