新型コロナ感染が分かるまで!大切な人のために検査を受けることの意味

新型コロナ感染で世の中が騒がれている中で、自分自身がコロナ感染しなければ感染対策以外を考えることはないでしょう。

私も、自分がコロナ感染の確定診断を出されるまでは「感染対策をしていれば」と思っていました。

この記事では私が新型コロナ感染が分かるまでと、検査を受けようと思った理由や、自分以外の大切な人のために検査を受けることの重要性を説明します。

新型コロナ感染を確定診断で出された私だからこそ分かる内容です。

最後まで読んで検査を受けることの意味を考えてみてください。

この記事はこんな人におすすめです
  • 新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことがある人

  • 新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したくない人

  • 大切な人(友人、恋人、家族)が身近にいる人

  • 新型コロナウイルス(COVID-19)の検査を受けたことが無い人

最後までお付き合いください。

目次

私が新型コロナウイルスに感染したことが分かるまで

私が新型コロナウイルスに感染したことが分かるまでをお話します。

仕事で県外出張に火曜日から木曜日まで行っていました。クライアント様を回り、仕事の話をしながら3日間を過ごしたのです。帰宅したのは木曜日の夜でした。

金曜日は出社して出張中の事務処理などを行い金曜日を終え、1週間の仕事が終了したのです。

土曜日の朝も起きたときから変わった点は無かったため、車を洗ったりと休日を過ごしていました。体調に変化があったのは土曜日の夕方でした。身体にダルさを感じたので熱を計ります。結果は「37.4度」でした。

ヤモリン

37.5度が新型コロナ感染の目安だと思っていたよ

「風邪かなぁ」と思い、食事は消化の良い「おかゆ」にして身体を休めるため、早い時間から布団に入ることにしたのです。翌朝起きてから再度検温をすると「37.4度」変わらない体温だったので、「日曜日だし、とりあえず寝ておこう」と思い午前中は寝て過ごしました。

午後2時頃に目が覚めて検温したら「36.5度」と熱が下がっていました。熱が下がると身体のダルさも消えていて平常時の体調に戻っていたのです。夕方からは家族と夕飯を食べて普段通りの日曜日を過ごし就寝します。

月曜日の朝も検温しましたが「36.6度」と平熱だったので出社します。出社後に同部署全員が集まる機会に週末の体調を報告しました。営業職ということと、今の新型コロナの状態を考えて「検査を受けておきますか」と意見が纏まったので、掛かり付けの医者に電話連絡し検査をしてもらえることに。指定時間に発熱者用の通路から中に入り診断と検査を受けます。

検査の結果が分かるまでが早い「抗原検査」で新型コロナウイルスに感染しているかを調べてもらいました。

結果は「陽性」となり、新型コロナウイルスに感染していると確定診断が下されたのです。検査結果の画像を載せます。

抗原検査結果の画像

画像のC位置にあるラインは検査が正常に行われていることを示しています。T位置にあるラインが新型コロナウイルスに反応しているラインです。T位置にラインが出ると新型コロナウイルスに感染していると分かります。

検査を受けることの意味とは?

抗原検査を受ける日の朝に家族には「医者の診断を受けるから検査で陽性がでるかも」と伝えてました。

会社に行ったのは会社の同僚たちに報告することと、同僚たちの検査に対する意見を聞いておきたかったからです。熱も下がり風邪のような症状も無かったので「きっと風邪だから心配ないだろう」と思っていました。

でも、会社に行った行為は軽率でした。マスクと消毒はしていましたが、社内にウイルスを蔓延させていしまう可能性があったわけですから・・・。

ヤモリン

本当に反省した瞬間だったよ

検査は自分自身のために受けるのではなく、大切な人を守るため(自分から感染を広めない)に行うのです。私が新型コロナウイルスに感染したことで、家族と会社の同僚は濃厚接触者認定を受けてPCR検査と2週間の自宅待機になりました。

ただ、濃厚接触者の中に陽性だった人が居なかったのが不幸中の幸いです。

考えなければいけないのは、月曜日に症状が無いからと検査に行かなかったときのことです。会社の同僚が感染して発症していた可能性もありますし、家族が感染して発症していた可能性は高いでしょう。

家族が家の中でマスクをして過ごしている家庭は稀でしょう。当然ですが、家庭内が一番感染リスクがあります。でも、新型コロナウイルスが終息しない今は、いかに早く陽性が分かるかで大切な人への感染を防ぐことができます。

自分自身が新型コロナウイルスを広めることが無いように行動することが、大切な人を守る行為なのです。

新型コロナウイルスの検査に温度差がある

新型コロナウイルスの検査には温度差が存在します。

いったいどんな温度差だと思いますか?新型コロナウイルスに感染した私が説明します。

職場での温度差について

職場で感染対策を取り上げているニュースをよく目にすると思います。連日、新型コロナウイルスに対して何かしらの報道がありますから「見たことが無い」という人は少ないでしょう。

実際に働いている人にアンケートを実施されてましたので確認してみてください。

これは企業自体の大きさとトップに立っている人の意識にもよると思いますが、大企業などが取り組みを行う一方で中小企業などは感染対策への取り組み意識が低い傾向にあります。

私が働いている会社も50人規模の会社です。新型コロナウイルスに対する感染対策を会社が何かするというのは無いです。こちらから要望を出して、通るか通らないかの状態なのです。

ヤモリン

会社も変わらない風習が蔓延しているからね

新型コロナウイルス対策で会社が行ったことは営業部に部屋を与えて隔離することです。後は新型コロナウイルスが発生する前と変わっていません。

私の会社を例にあげましたが、同じ境遇の会社に勤める人は多いでしょう。日本は大企業より中小企業の方が多いですが、報道で取り上げられるのは大企業のことばかりです。感染対策を出来ていない企業の方があふれていることになります。

地域での温度差について

都会と田舎では更に温度差があります。

私が住んでいるところも田舎なので、ウイルスより人が怖いというのが正直なところです。私や家族のうわさも広がり、背びれや尾びれが付いて話が独り歩きをしていました。

滋賀県が新型コロナウイルスの人権侵害についてアンケートをとっていましたので確認ください。

田舎になればなるほど、話が広がるまでが早いのです。そして伝言ゲームと同じように後になればなるほど正確に物事は伝わっていない状態になってしまいます。

これが人権侵害に発展してしまうのです。

そして、人権侵害を受けたくない心理から体調に変化があっても新型コロナウイルスではなく、風邪だと思い込み検査から遠ざかってしまいます。

新型コロナウイルスで恐れるのは1年経った今でも人であることに変わりがないのです。

こどものなかでも温度差がある

こどもでも、家族が新型コロナウイルスに感染したら周りに言いたくないと思ってしまうことや、新型コロナウイルスに感染した友達とは治っても付き合うのをためらう考え方があるのです。

こどもは、大人の会話や周りが行っていることを見て学習しますから、こどもに新型コロナウイルスより人を恐れさせてしまっているのは非常に悲しいですね。

国立成育医療研究センターがこどもの意識調査をアンケートで行っていました。

また、「コロナのことを考えると嫌になる」や「最近集中できない」といった、何らかのストレス反応を示すこどもは72%もいるのです。

新型コロナウイルスの検査を行う大切さ

今は自分が新型コロナウイルスの検査を行うことで周りへの感染を防ぐことと同時に、自分自身が感染しているかどうかを知ることができます。

検査を行うことが大切な人を守っている行為に繋がっているのです。

ヤモリン

自分が感染していなことは検査でしか分からないんだ

自分自身が陰性と証明できていないのに、憶測だけで周りの新型コロナ感染者のことを話したりしていませんか?

新型コロナウイルスの陽性者数は毎日報道されていますが、日本は他の国と違い、検査を受けたい人が全員検査を受けれているわけではありません。

各自治体で検査の基準が違うので、自分が住んでいる地域の検査基準を確認しておきましょう。

そして、自分自身が検査を受けれる体制を確保しておくことが大切なのです。

人権侵害を防ぐなら自宅で検査をしよう

新型コロナウイルスが発生して1年が経過した今は、自宅で検査が行えるようになりました。

体調の変化があるときは、自宅で検査をして「陽性判定」が出てから医師の診断を受けることで、「検査を受けたらしい」などのうわさ話が出ることを防げます。

ヤモリン

うわさ話はどこから漏れるか分からないからね

検査を受けて「陰性」でも検査を受けたことがうわさ話で広がっていることもあるので、心配な方は自宅での検査をしてみるほうが良いでしょう。

自宅でPCR検査を受ける方法

検査を受けたいけど「どこに連絡したらよいかわからない…」や「 PCR検査の結果の確認に時間がかかる… 」「PCR検査を受けたいけど受ける場所がない… 」そんなあなたの不安を解消したい思います。

・自宅でかんたんPCR検査、唾液を採取して返送するだけ。

・陰性証明書の発行も可能

・全国発送対応

・14時迄のお申込で当日発送

・24時間年中無休

・メールで結果通知

自費診療にはなりますが、お医者さんに行く時間もありませんし、検査を断られることもありません。

全年齢対象で陰性証明書まで対応してもらえますから、会社への提出や海外への渡航にも使用できます。

\お申し込みはこちらから/
【最短即日発送】PCR検査はTケアクリニック

自宅で抗原検査を受ける方法

帰省、冠婚葬祭、旅行、出張、引越、カラオケ、会食…行く前、帰った後に安心。世界保健機関(WHO)の緊急使用リストに登録もされ、変異株も検出可能な抗原検査が自宅で受けられます。

・変異株も検出可能

・EU法令(CE) 米食品医薬品局(FDA)世界保健機関(WHO)緊急使用リスト登録(国内唯一)

・行政からの指導に沿い表示

・痛くないので高齢者にも

抗原検査の同梱画像はこちらです。

抗原検査の検査方法はこちらの画像で確認してください。

料金に関しては、定価¥3,980のところ特別価格¥3,480税込ですから、PCR検査よりも受けやすいです。

まとめ:大切な人を守るためには検査が大切

私が新型コロナウイルスに感染したことが判るまでと検査を行うことの大切さを説明してきました。

自分自身を守ることも大切ですが、あなたの周りの人を守ることも大切なのです。

検査には地域で温度差があり、受けたい人が全員検査を受けれているわけではありません。また、検査したことがうわさ話で広がることもあります(田舎は可能性が高い)。

ヤモリン

人と関り合って生きてるから仕方ないけどね

新型コロナウイルスを家族や大切な人に自分から感染させてしまったら悔やんでも悔やみきれないでしょう。

私も早くに検査をしたことで周りに感染拡大をさせなくてすみました。

今は自宅で周りにバレることなく検査を受けることができます。自宅検査を利用して自身と大切な人のために検査の大切さを考えてみてほしいと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 2b95490bfc67172fd5c3ce2dc540072b.jpg
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる