MENU

転職には経験・スキルが大切!!失敗しないキャリア形成で希望の企業審査に合格

企業の審査に合格するには、面接時に注目されるキャリア形成が不可欠です。今後をどのように考えているか明確に伝えることで印象は飛躍的にアップします。

ヤモリン

簡単なプロフィール
43歳
転職2回
人材ビジネスの会社で7年間勤務
製造業⇒っ人材ビジネス⇒メーカー⇒現在
転職に関する悩み相談は何でもTwitterで相談してください
ただ記事を書いているだけの方とは違う、実績に基づいたアドバイスをさせてもらいます
もちろん無料ですので気軽にどーぞ

最近はひと昔前と比較し「キャリア」という言葉を耳にすることが増えてきました。この先、会社が倒産し転職を余儀なくされたとき、今より待遇のいい会社へ転職したいという場面では、自分自身のキャリアが必要不可欠となります。

ヤモリン

転職では即戦力が求められるよ

では、転職においてキャリアはなぜ大切で、どのように形成すればよいのでしょうか。

ここでは、企業審査の合格にキャリアが大切な理由、失敗しないためのキャリア形成方法、経験とスキルの重要性について解説します。

キャリアアップの転職ならdoda

スクロールできます
サービス特徴相談先
非公開求人を含む求人のご紹介
転職のプロたちによる「転職活動サポート」
応募書類のアドバイス
面接前後のきめ細かいフォロー

\希望の求人を探す/
転職相談はdoda

dodaが扱っている求人の80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。

\転職はdodaに登録から/

この記事はこんな人におすすめです
  • 自身のキャリアが明確でない人

  • 転職を考えている人

  • 今の会社に不満がある人

  • キャリア形成を考えている人
目次

企業審査の合格にキャリア形成が大切になる理由

ひと昔前は、企業へ入社することができれば年功序列制で出世していきました。そのため、キャリアについて深く考えようとする方は少ない傾向にあったといいます。しかし、今日では大企業に入社したとしても定年まで安泰とは限りません。

技術の発達にともない、AIや自動化技術が各企業に取り込まれるようになり私たちの今の職業が、この先も存在するとは限らなくなりました。また、2020年1月16日に日本で初の感染が確認されたコロナウイルスによって多くの企業に打撃を受けました。

ヤモリン

人から機械へが加速していくんだ

これらの理由から、現代社会において「今の仕事をずっと続けられる」ことは絶対ではないといえます。そのような状況で、重要視されているのが「キャリア」です。

何年か前に、「35歳を超えると転職が難しくなる」といわれていました。しかし、実際はキャリアを形成できていない状態での転職が難しいというのが真相です。キャリアを形成できていれば、年齢に関係なく希望の企業への入社が叶います。

他にも「給料を今よりも向上させたい」と考える方にとってもキャリアの形成は有効な手段であるといえるでしょう。

自分にあったキャリアプランの立てかた

転職や給料UPのために、キャリアを形成していきたいと考えたときに、考えるべきことは「キャリアプラン」です。

キャリアプランとは、自分自身が今後どのようになっていたいかの理想像を明確にし、理想像になるために行うべき行動を定めた計画のことをいいます。このキャリアプランを定めることにより、今自分がキャリアを形成するために何をすべきかが分かるようになります。

ヤモリン

キャリアプランは重要なポイントだよ

では、このキャリアプランはどのように作成すればいいでしょう。キャリアプランを作成するにあたりキーワードとなるのは「自己分析」です。キャリアプラン作成において、大切になることは、自分がしたいことを見つけ出すことです。そのためには「自己分析」が必要になります。キャリアプランを作成するための自己分析手順は下記の通りです。

1、過去の自分に対する振り返りを行う
2、現在の自分の状況を整理する
3、将来の自分がどのようになっているかを考える
4、現在の自分を理想像に近づけるための計画を立てる

面接時にはキャリアプランを明確にすることで好印象をあたえられます。

順番に詳しく解説しますので参考にしてみてください。

1.過去の自分に対する振り返りを行う

過去にどのような経験・体験をしてきたか、どういった環境で育ってきたか、周りの人はどんな人だったか。それらをもとに今の自分が作り出されています。そして、今の自分を形成している過去には「やりたいことを見つける」うえでのヒントが散らばっています。

・どんな時に幸せだと感じたか

・何をしている時が楽しいかまた、熱中できるか

・夢中になったことは何か

これらの問いかけで、自分が興味をもつことができる作業や得意とすることを思い出して見てください。それにより、自分自身に対しての理解を深めることができます。

2.現在の自分の状況を整理する

過去の自分を振り返った後に行うべきことは、現在の自分の状況を整理することです。

・現在自分はどのような仕事をしているか

・仕事内容は満足のいくものか、それとも不満があるか

・今の自分のスキル・経験はどのようなものか

状況を整理するうえで上述の問いかけが有効です。また、過去を振り返ったことで出てきた自分が興味をもてること、得意とすることを現在活かすことができているかも考えてみましょう。

3.将来の自分がどのようになっていかを考える

3年後、5年後、10年後自分がどのようになっていたいかをイメージしましょう。この時に注意すべきことはイメージを可能な限り具体的なものにするという点です。 具体的なイメージをもつことにより、イメージ実現のために必要な行動を考えやすくなります。

4.現在の自分を理想像に近づけるための計画を立てる

最後に、現在の自分と将来の理想の自分を比較した時に何が足りていないか、反対に不要なものはなにかを洗い出してください。

例えば、現在自分がプログラマーとして企業で働いている。将来の理想の自分の姿はフリーランスのプログラマーという場合は、開発力を伸ばす、新しい言語のキャッチアップ能力を身に着ける、協調性、コミュニケーション能力を高めるなどが必要なスキルとしてあげられます。

これらのスキルを身に着けるためには、どういった行動が必要かを10年後、5年後、3年後と逆算して定めることで自分のキャリアプランを立てることができます。

今の職場で輝いている優秀な人がいるようであれば、目指す姿の見本になります。優秀な人に関しては、こちらの記事が参考になります。

キャリアプランを立てるポイント(年齢別)

キャリアプランにはアップデートが必要です。最初に立てたキャリアプランを10年計画とすると、20代・30代・40代・・・とキャリアプランは変わっていかなければいけないのです。

ヤモリン

考え方も変わっていくはず

・若手(20代~30代前半)
・中堅(30代後半~40代前半)
・ベテラン(40代後半以降)

移りゆくライフステージやキャリアステージごとのキャリアプランのポイントと具体例をご紹介します。

若手(20~30代前半)

若手に求められるのは、過去の経験や実績よりも「ポテンシャル」です。やりたいことに幅広く挑戦できる境遇を活かしましょう。

経験やスキルがどんどん増える時期ですから、短期スパンで振り返りをしてキャリアプランをブラッシュアップすることをおすすめします。

途中で変わる可能性はありますが、10年後の自分の理想を見据えていれば軌道から外れていることにも気付けるはずです。自分の変化や成長も把握でき、モチベーションを保つことにも役立つでしょう。

中堅(30代後半~40代前半)

社会人として会社や業務にも慣れた中堅層は、1人で一通りのことがこなせるレベルです。現状の専門スキルを更に磨いて專門職でやっていくのか、管理職になるかで必要なことややるべきことが変わります。

これまでの経験を活かしながらも、その先に望むステージまで考慮したキャリアプランが必要です。

自分や自社だけでなく、業界知識や動向なども視野に入れて考えていくことをおすすめします。自己分析や振り返りの際には、その時点での的確な市場価値を把握しておくことも重要です。自分の経験や強みを活かせる、そして、今の自分に必要な経験や学びを満たす企業や職務を求めていきましょう。

ベテラン(40代後半以降)

70代でも現役で働く人がいる現代、40代になってもまだまだ先は長いといえます。この年代では早期退職に関する問題もでてくるでしょう。社会や会社に大きな変化が起こることも想定して、何が起きても対応できるような計画が必要です。

また、これまでの様々なリソースの蓄積を活かして、異分野に挑戦するという選択肢もあるでしょう。いずれにしても自らの市場価値を高めために学び続ける重要性は高まっています。

キャリア形成における経験・スキルの重要性

キャリアプランに沿ってキャリアを形成していく上で大切になるのは「経験・スキル」です。キャリアを形成するために、必要なスキル・経験は仕事を行っていく中で身につきます。

ヤモリン

身に付いているかが重要だよ

しかし、自分自身がどのようなキャリアを形成したいかによって身に着ける必要があるスキルや、経験すべき内容は変わってきます。そのため、将来の自分の理想像になるための経験を今の仕事で積むことができるかを考え、厳しいようだったら転職を考えるのもキャリア形成において有効な手段です。

経験・スキルを意識した職業選択がキャリアを形成するためには、重要なことといえるでしょう。

職業選択の際に転職を考えるなら、この記事を読んで考え方を参考にしましょう。

面接でキャリアプランを聞かれたときの回答例(職種別)

キャリアプランは面接時に聞かれることが多いです。

その人の考え方を知るうえで重要なポイントになりますし、どれくらい具体性を持って仕事をしたいのかが明確になるポイントです。

ここでは、業種別にキャリアプランを聞かれたときの回答例をご紹介します。

①営業職
②製造(メーカー)
③事務員
④エンジニア

この4つの職種に分けて回答例を記載しますので、参考にしてみてください。

①営業職としてのキャリアプランの回答例

例1・御社の国内だけでなく海外にも幅広く事業を広げているところにとても魅力を感じています。私も、これまでの経験を活かし、5年後には海外での営業で成果を出せるような人材に成長したいと考えています。

例2・御社のサービスは今後の社会になくてはならない分野で、多くの方に知っていただきたいと強く思いました。3年後には新たなお客様との成約を〇件、5年後には自ら積極的に新商品の提案ができるような人材になるのが目標です。

②製造(メーカー)としてのキャリアプランの回答例

例1・これまでのスキルを活かして、ものづくりのスペシャリストとして活躍したいと考えています。現場で技術を磨いて成長し、3年後には自分が開発した製品を世に出せることを目指していきます。

例2・将来的には、商品の企画を任せられる人材になることを目指しています。そのために、3年はものづくりの現場で技術を磨き、基礎を身につけたいと考えています。5年後には商品企画チームに入り、企画や商品のマネジメント業務に携わっていくことが今の目標です。

③事務員としてのキャリアプランの回答例

例1・一つひとつ業務の精度を上げていき、3年から5年を目処に専門性の高い業務にも挑戦していきたいです。その後は、新人教育など、人材育成も安心して任せていただけるようになりたいと考えています。

例2・将来的には総務職をまとめられるような人材になりたいです。そのために、1年後には部全体の作業効率向上を成果として出せるように、日頃からスピードを重視し、日々のダブルチェックを欠かさず正確な資料作成に取り組みたいと考えています。

④エインジニアとしてのキャリアプランの回答例

例1・既存の技術や知識を運用することはもちろん、常に新しい技術や知識を吸収し、10年後にも活躍できるエンジニアであることを目標にしています。業務を通じて自分に足りないスキルや思考を磨き、海外にも通用するシステムの構築を目指します。

例2・自身のエンジニアとしての業務だけではなく、新たなエンジニアを育成し、統括できる人材になりたいと考えています。マネジメントスキルを磨き、5年後には実現できるよう成果を上げるのが目標です。

最速でのキャリア確立を目指すならプロの力を借りるのも有効

自分のキャリアを形成するのは早ければ早いほどいいです。そのため、キャリアプランを作成・キャリアプランに沿ったスキル・経験を積むための行動は少しでも早く実施したいところです。

ヤモリン

遅くなると範囲が狭くなるからね

そのためには、自分にあったキャリアの設定をサポートし、キャリア形成のために必要となる行動へと導いてくれるキャリアのプロから力を借りることも有効な手段です。

キャリア支援サポート会社のポジウィルでは、利用者が「納得のいくキャリアを歩む」ということに力を入れています。

①ゴール設定・自己分析

②人生の「軸」・ギャップ分析

③キャリア戦略・転職活動

④入社後活躍サポート

これら4つのプロセスにより、キャリア形成を徹底サポートしてくれます。

また、ポジウィルを利用したユーザの中には、「入社以降9割がリモートワークで業務経験がない状態で転職可能かを相談したい」という状態から「第一希望である業界最大手に入社が決定」といった実績も出ています。

確実で早い実績を求めるのであれば、ポジウィルのようなキャリアのプロに頼るという選択をするのもいいでしょう。

ポジウィルは自己分析の専門です。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

キャリア形成がバッチリなら転職のプロも利用しよう

自分自身の経験やスキルを客観的に見てくれる人と共に転職活動をすることで、転職の成功率が飛躍的にアップします。

そして、収入を途切れさせないようにするには、自身が仕事中でも転職活動を支援してくれる人がいると転職活動も加速できるのです。

ヤモリン

仕事しながら転職活動できる?

仕事をしながら転職活動をするには、転職活動のプロである転職エージェントを活用すると良いでしょう。

多様性がある転職エージェントを7社紹介します。

スクロールできます
サービス特徴相談先
非公開求人を含む求人のご紹介
転職のプロたちによる「転職活動サポート」
応募書類のアドバイス
面接前後のきめ細かいフォロー

\希望の求人を探す/
転職相談はdoda
ベンチャーから大手まで優良企業の求人が豊富
転職ノウハウなどの情報提供を受けられるサービス
関東・関西・東海の主要エリアの求人を網羅
応募書類の準備から面接対策までサポート

\親切なサポート/
マイナビAGENT
エンジニア求人数 業界最大級のエンジニアのための転職支援
技術系の転職コンサルティング
非公開求人 を含む、エンジニアの求人を常時10,000件以上保有
先端技術・イノベーション領域に強み

\エンジニアの転職/
kaguyaに登録
グローバル・外資系・ハイクラスに特化した転職支援サービス
海外案件・外資系企業に強い
ハイクラス転職 × ハイクラスエージェント
高年収ポジションに特化した転職コンサルティング

\外資系の転職/
SAMURAI Job
保有求人7000件以上のうち8割以上が年収600万円以上
紹介可能な企業は大手IT企業からWeb系企業
ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
サービス利用者数20万人突破

\ITやweb転職/
レバテックキャリア
マイナビ唯一の20代専門サービス
転職活動の始めから終わりまでサポート
人事部とのネットワーク
非公開求人が80~90%

\20代の転職なら/
マイナビジョブ20’S
徹底した面接トレーニングによる就業支援
第二新卒、既卒、フリーターの転職を徹底サポート
6割がエージェントランキングにてTOP10入賞経験者
驚異の内定率86%を記録

\35歳以下に特化/
キャリアスタート

転職を考えるなら行動は早めに起こしたほうがよいです。

早めに行動した方が良い理由は以下の通りです。

・転職には、時間・お金・肉体・精神の負担がかかる
・追い詰められてからだと冷静な判断ができない
・ストレスで「うつ」など病気になってからでは手遅れ
・嫌な仕事を続けるのは人生の無駄

ヤモリン

転職は相談してからも時間が掛かるものだよ

一年間で転職してる人ってどれ位いると思いますか?

なんと、1年間で351万人です。

これは2019年のデータでして、過去最多です。総務省統計局より

みんな「より良い条件の仕事を探すため」に、どんどん転職しています。

転職エージェントに関しては詳しくこちらの記事で説明していますので参考にしてみてください。

まとめ

キャリア形成において、自己分析を実施しキャリアプランを確立させることが非常に大切です。その後、キャリアプランに沿った経験・スキルを積むことであなたがこの先、他の企業でも活躍することができるようなキャリアを形成することができます。

ヤモリン

転職時にスキル・経験は注目される

1:過去の自分に対する振り返りを行う

2:現在の自分の状況を整理する

3:将来の自分がどのようになっていかを考える

4:現在の自分を理想像に近づけるための計画を立てる

また、キャリア形成においては、プロの力を借りることも非常に有効な手段です。自分自身にマッチしたキャリアを形成し、この先、より充実した生活を送れるように取り組みましょう。

おわり

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる